宇宙全史 質疑応答10 予約受付中!
宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
2020年オリンピックはない?
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。 あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

虚空蔵55

2019/2/28 No.406

先ほど質疑応答9の刷り上がりが出来上がって来て、今私の手元にあります。

今回はシャギーさんの独壇場ですが、ペラペラ頁を眺めていると、この頃はよく月読之大神を初めとする高級神霊の方々が皆さんの質問に真摯にお答えいただいていたのだなあと驚いてしまいます。

そのほとんどは、どこの神社に行っても、大学教授に教えを乞うても、デカルトやカントの哲学書を読んだとしても決して得ることのない大いなる叡智を、その方に即した答えで降ろされています。

しかし質問はしてきても、その答えがエゴにとって心地の良いものでないと、そのまま心を遮断してしまい、その後は何の音沙汰もないというような方も多数おられました。

私も最近は人類のエゴの深刻さというものを実感していますから、気持ちは分かるのですが、あの時代、この場をもっとうまく自分のために活用できていたなら、どれだけ速やかに自らの進化を獲得できていたでしょうか。

あり得ないような機会をみすみす逃していった方たちの選択は、それはそれで尊重しなければならないのですが、それにしてもこの「質疑応答」を読み返していますと、新たな学びとともに、そこにあった上位の高級神霊の方々の恩寵をヒシヒシと感じずにはいられません。


既に新たな時代に入り、あの時のように気軽にお答え頂けることは少なくなっていますが、それでもこの質疑応答の続刊はやはり恩寵であることにかわりはなく、膨大な宇宙全史の情報の整合性と歴史が垣間見れ、これからの時代に向けての準備に拍車がかかるはずです。


宇宙全史の大学レベルは、確かに目標とするには(人類にとっておそらく最大の)価値あるものになります。

しかしそこに至るには、今の自分の立ち位置から始めるしかなく「何事も出来ることから一歩ずつ」という姿勢が望まれます。

この世での学びや、課題(カルマ)を放置したまま、そういう境涯に至ることは不可能です。
だからこそ他の方々の質疑応答の内容をよくよくお読みになると、自分一人の人生だけではなく、他の方の人生の学びを総括することで、幾転生の学びと同等のものが手に入るのです。

宇宙全史には数多の学びの機会が散りばめられています。

すべてを習得するには半端ない努力が必要でしょうが、その機会があるだけでも感謝すべきでしょう。


虚空蔵55

2019/2/23 No.405

もうすぐ3月の初めには「質疑応答」9が皆さんのお手元の届く予定です。

こうしてウェブ上で繰り広げられてきたBBSをまとめていますと、10年以上にわたる宇宙全史のワークの本当の意味が見えて来ています。

それはあたかも私たちが地上に縛り付けられ、蟻のように地べたを這いつくばって生きている中、上位の方たちの導きは(文字通り上から目線ではありますが)適格かつ迅速に進行していたのです。

それが見えていなかった私も未熟ではありますが、宇宙全史に関わる存在たちの偉いなる野望が現実的になってきているのを確認するのは胸が高鳴ります。

まだまだ説明不足ですから、ほとんどの方はお分かりにならないでしょうが、この私たちの棲むオーム宇宙は、他の宇宙と比べますと実に「ユニーク」だったのです。

そのユニークさは、仏陀の存在、五井先生の存在があったからですが、何よりも飛びぬけていたのは月読之大神の存在がもたらしたものでした。

もし私の思い違いでないのなら、月読之大神という存在は、めっちゃカッコいい存在になります。

やがて皆さんが進化して、大学レベルに上がってきたら、その本当の意味がお分かりになる日が来るでしょう。

しかしその日が来なくても、そのユニークさの恩寵は、自ずと地球全体に反映するのです。


虚空蔵55

2018/12/21 No.404

これは右のNo3692に対する回答です。

RIEさん、どっぺんさん、伊藤さんへの回答が遅くなってしまいましたが、明日はもう冬至ですので返答しておきます。
これは返答であって回答ではないのでそのつもりでお聞き下さい。

3人とも11月時点までの状況は各々の境涯に従って3人3様ですから、それはそれでいいのですが、問題は3人に現れて来ている(いわば)現象を3人がどう受けとめているかという所にあります。

「回答ではない」と書きましたのは、どういう対応をしようがそれはその方の自由であり、その自由は宇宙が保証しています。
ですから正解というものはないのですが、これまでここで学んでおられれば、自ずと会得されているであろう智慧が、そこでどのように生かされていくかはとても大事なことになります。
特にこの時期、明日の冬至を挟んでの一年は、ほぼあなた方の進路を決定づけるものになります。

3人の特徴はここを見ておられる方たちの代表のようなものです。
伊藤さんは「何者」かとコンタクトがとれていますし、RIEさんには作家さんの才能があふれ出て来ているようです。どっぺんさんには真我との遭遇の兆候のようなものがあり、それをこの3人は「どうすればいいでしょうか?」と聞いて来ておられます。
これまでなら「こうしたほうがいい」というお答えを差し上げていましたが、今回ばかりはそうはいかないのです。
それはこの土壇場では皆さんが皆さんの思いで、自分のつながる場を求めていかねばならないからです。

ここで学んでおられる方たちには、そういう様々な境遇、境涯の変化が出てきているはずです。
それをどうしていくのか、それが今まさに問われているのです。

●現れているものは何に「因」を持つのか
●その「動機」は何によるのか
●今なすべきことは何か
●自分は急いてはいないか

天変地異やパンデミック(大疫病)のような外変ではなく、自らの内部に起きる変革には、人それぞれの段階があり、それぞれの対処により行き先が定まります。

大切なのは

●覚悟

●腹を据える

●お祈り

です。
あなたは何を望み、どうしたいのでしょうか。


虚空蔵55


追補です

伊藤さんはコンタクトとれているものに嫌な感じがなければ、気にすることはありませんが、その状況をどうするかはすでに書いた通りです。

RIEさんは、降りてくる作家衝動による作品を自らの教義の布教に利用したいと考えておられますが、そこに焦りがないか、行き詰まり感の打開のためという部分がないかどうか、本当にやりたいことは何か、そこをよく見つめてみることです。

どっぺんさんはまさしく真我(実存)を垣間見るといいますか、その一歩手前のゾーンに接触していますが、それが何だというのでしょうか。
運が良かったり、高熱にうなされたり、死ぬような危機状況に陥ったり、何日も寝られない状況が続いたりしたとき、(たまたまベクトルが合って)稀にそういう境涯に一瞬遭遇する人もいます。
一兆年に一人しか得られない完全覚醒を前にして慌てたり、うろたえてはいけません。
その覚醒を得たEO氏でさえ、今生では簡単に覚醒したように見えますが、実際は彼の集合魂を含めて、無数の転生において想像を絶する修行を重ねて来ています。
ここへ質問はいくらでもして来て頂いて結構ですが、「腹を据える」という丹田をつくる(育てる)という事は大事です。
それがないといつでも簡単に境涯をひっくり返されてしまいますよ。

まだまだ先はありますが、もう先はないともいえます。

やはりそれはあなた方次第というところでしょうか。


宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

スーザン

2019/3/10 No.3765

虚空蔵55様、みわ様

No.3747の私の投稿に対してお言葉を頂き、誠にありがとうございました。

日々色々なことに追われて中々時間が取れない中、とても良い機会を頂いたと感じ、好きなだけ色々と調べてみました。

いつか次元や時間というものについて研究していきたいと常日頃思っておりますと書いておきながら、殆ど物理に対しての専門的な知識がないので何ともバツが悪いのですが、これから少しづつ勉強していこうと思います。

私が調べられた範囲では、現代物理の最先端では、巨視的な現象を上手く記述する一般相対性理論と、微視的な現象を上手く記述する量子力学を統合する理論 -量子重力理論- の完成が大きな目標となっており、超弦理論やループ量子重力理論と呼ばれている理論が生み出されているとのことでした。

特に、ループ量子重力理論と呼ばれる理論では、時間も空間も(ちょうど量子力学でエネルギーが離散的に考えられているように)量子化されており、いわゆる最小時間という概念もあるそうですが、宇宙全史で言われているようなフラクタルな世界観というものは無いようでした。

中には微視的な状況下ではフラクタル構造が出てくるような宇宙観を呈する最先端の理論もあるようですが、私には全く理解が及びませんでした。

しかし、色々と調べていく中で、これまで何となく敬遠していた数学の分野が上述の理論にはふんだんに使用されており、すこしづつ学び直さなければなと感じているところです。

色々と調べていく中で、なんとなく今までの自分は、己の小さな殻に閉じこもって自分の小さな数学の世界を愛でていたような、そんな感覚を抱き始めており、少しづつ視野を広げていく必要があるなと感じております。

現実は相当に厳しく、次元や時間を本当に研究していけるようになるには相当な天才にならなければ難しそうですが、何とかその域に達することが出来るよう、日々祈りに向かう精進を忘れず、新しい数学の学びにも精を出していきたいと思います。

いつも刺激的なご回答を頂き、本当にありがとうございます。

日々色々なカルマは噴出し、己と向き合わなければならないことも多いですが、頂いたご回答について調べたり考えたりすることで、張りのある毎日になっているように思います。

ありがとうございます。

2019・2・14

スーザン様

視野が広がっていくのはいいことですし、あなたのように数学が好きな方がうらやましいものです。

前回書きました、光速はこの宇宙では一定速度ですが、それは「この宇宙(私たちの認識している宇宙)」だからなのです。

また最小単位であるプランクの定数も「この宇宙」だからあの値なのです。

だから他の宇宙では、そうした原理数はまた別な形、値になっています。

そういう数値は多分フラクタルの次元でもいつか発見されるはずです(この辺りはよく分からないのですが、多分プランク定数が関わっているような気がします)。
つまり次元の最小単位ですね。

チャレンジしてみたらいかがですか・難しいですが…

まったく異なる何かが発見されるかも知れませんね。



虚空蔵55


kazu

2019/3/10 No.3764

虚空蔵55様、みわ様、
質疑応答8拝読しました。
2012年12月に名前をKazugakiからKazuに変えさせていただきましたが、その際のご連絡が不十分で申し訳ありませんでした。Kazugakiの頃から合わせますと10年以上となり、非常に懐かしく読ませていただきました。今回質疑応答としてひとまとめにしていただき、通して読むことができ、あらためてわかることもあり、大変有り難かったです。
質疑応答8を通しての感想は、自分はいかに何も知らず小さな存在であり、存在させていただいていることへの感謝が不足しているかということです。
最近、インフルエンザに罹患しました。不思議なことに熱もあまりは上がらず、すぐに解熱しました。関節痛、頭痛もなく非常に軽い症状でした。しかし、その後に耳鳴り、眩暈があり、右耳の聴力も三分の一程度に落ちた時がありました。耳が少し調子悪いだけで世界がこれまでと違ったように感じました。ここでわかったことは、リアルな唯一の世界と思っているものが、本当は自分がそう感じているだけで存在の薄いものだと感じ、自分が見ている世界も五感で捉えられるほんの小さな部分で存在さえ疑わしい程度のものだと思えました。耳の方はその後ほとんど通常の状態に戻りましたが、さまざまなことを考えさせられました。
今後もお祈りを通して少しでも広い視野が得られるよう感謝しながら頑張りたいと思います。

2019・2・12

シャギー

2019/3/10 No.3763

@2019・2・10
虚空蔵さま、みわさま。

回答ありがとうございます。
かなりポジティブな内容に笑顔が出ました。

「あなたの境涯が突然ものすごく上昇し、集合魂では手に負えなくなれば、
もっと上位の集合魂や神霊が指導に来ます。」

私の境涯が突然上昇する事は、あまり考え難いことですが、

多くの気付き通して何時かは更に上位の神霊様からの助けが得られたらと思います。

境涯が上がるといえば、No.3749のMOGさんの回答の中に、
パイトロンで分断された魂が集められて、元の状態に戻るとあり、
これは本当に凄い事だと思いました。

確か分断された数は、魂により、数十、数百、数千と多くの魂が出来上がったのですが、

分断されて、何億年の時間と共に一つ一つの魂の経験があると思います。
また、現在生を営んでいる魂も数多く存在すると思います。

例えば、私の分断された他の魂は、この私と同じ生命としての経験を長い間行っているはずです。
私の分断された魂が、10あるとします。全て今の時間の中でそれぞれの経験をしています。

ですが、明日10の魂全てが1つの元の魂に集約されるとすると、

この時間の中に存在する、1つの肉体に集まるのでしょうか?他の肉体は消えてしますのでしょうか?

魂魄界以上の世界のみ変化して、この世界は、肉体が滅んで集合魂に帰る時に集合魂の中で集約していくのでしょうか?

もし、この肉体の中に分断された多くの魂が集まると、
魂としてのエネルギーが増して、経験値が増えて明晰性が格段に上がるとかの変化があれば良いと思うのですが

または、何も感じることが無く、何か生きやすくなったと薄い感覚が現れるだけなのかもしれません。

個人的には、エネルギーが増して明晰性が上がることを願いたいと思います。


魂の復元えを通して、境涯が飛躍的に上がると、更なる上位の守護の神霊様にお目にかかることが叶うのかも知れません。

今は、ただただ頑張るしか方法はないので、焦らず腐らずやっていきます。

いつもありがとうございます。

A2019・2・18
虚空蔵さま、みわさま。

先日、エゴについて少し実感めいた想いが湧いてきました。

これまでの理解では、肉体がエゴに覆われている認識がありましたが、
今回は、何か実感の伴う感覚で、「飾る」という思いが沸いてきました。

その後、人の話を見たり聞いたりしていると、そんなエゴで飾るっているんだと想う様になりました。


飾ると言っても、自分の中を見てみると、

形で飾る。
例えば、化粧、身だしなみを整える。服装などで飾り立てる。ブランド物を身につける。
整形をする。肉体を鍛える、など知恵で飾る。
家族、先生、先輩、知識者と呼ばれる人の考え、自分の学歴、本などからの知識、法律やルール、専門的な知識など。

所有物で飾る
財産、土地、家、乗り物、趣味、時計、服など。

人などを裁く物差し
自分の中にある善悪。人から与えられた常識。歴史から伝わる民族的な主張。など。


これだけでは無いと思いますが、これらのモノが作り出した人格が、
自分だと言う思い込みなどから、個人と言う人間が作られていることが判ります。


そこで、想像の中でこれらエゴと思われるモノを出来るだけ排除してみるとします。
するとそこには何も残らないです、ただ「在る」と言う感覚だけが残ります。

もしかすると、これが「在る」と言うことなのかもしれないと思いました。

これらのエゴを完全に無くすことは現実的では無いと思いますので、
宇宙全史で言われている。エゴを薄くするメソッドが出てくるのだと思いました。

考えてみると、エゴが薄れていくと、物が欲しいと思う事が無くなり、
ただ必要な物は何かと考えていくような気がします。
その方が、軽いですし、多くの悩みが無くなるような気がします。

これからは、頑張って「飾り立てていた」物を見つめ直して、変えていけたらと思います。


最後にひとつ、ここ数ヶ月、肺というか、みぞおちから背中に掛けて穴が開いてスースーする様な感覚が続いています。
病気では無いと想いますが、シンナーなどの何らかの化学物質が肺を蝕んでいないか判ればと思っています。

何時もありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

B2019・3・7
虚空蔵さまみわさま。

質疑応答9読んでいます。
まだ前半ですが、感謝の気持ちで一杯です。
昔の一生懸命な姿を見て懐かしい気持ちになります。

この後から厳し内容になると思いますが、シャギーと言う人間の変化が良く分かるので本当にありがたいです。

自分の内容がまとめて頂くとこがこんなに凄い事とは思っていませんでした。必要な物が必要に応じて現れる事を改めて実感しています。

これからもよろしくお願いします。

C2019・3・9
虚空蔵さま、みわさま

質疑応答9読ませていただきました。
この度は、ありがとうございます。

私の書き込み内容を改めて読むと、幼く恥ずかしい物ですね。

エゴの辺りからは、何かジタバタして見苦しい感じを受けました。
頑張っているのはみえますが、空回りが多い感じです。

色々と指導していただいているのに実際には余り出来ていないのが、判り残念です。

自分なりに考えているのはわかりますが、考えが浅いと言われれば何も言えない
と言うより、恥ずかしくて笑ってしまいます。

最後の書き込みを読んでいると、調子よく色々言ってますが、感情的なエゴでした。

指摘されて普段話をしているとき、当事者でない自分が、まさに自分が当事者の如く
批判や攻撃をしている事に気が付きました。

TVや新聞や雑誌をみて感じたことを人と話すとき、こんな感じで話しているなと思いました。

TVの中で解説者の方や評論家の話している内容も、こんな感じで当事者で無くても批判しているみたいです。
そんな姿を長い間見ていると、知らずに批判するやり方を刷り込まれていることが判りました。

今まで、家でTVを見ながら話してる事や、人との会話がエゴの何者でもなと、こんにはっきり判ったことは無いことでした。
虚空蔵さんの回答がなかったならばなかなか気付くことは難しいことでした。
常識とか言って、当たり前に考えたり、やっていることが、いつの間にかエゴを肥大化していることが多そうです。
今回、はっきりと常識を疑うと言う意味が判りました。ありがとうございます。


そして、過去世と天命を聞けて本当にありがとうございます。

幼い時から長い間感じていた孤独感が自分にとって必要だからそうなってることがわかり腑に落ちました。
今までも、これからもこのまま頑張っていけばいいのだと知ったことは本当に助けになりました。

過去世話でオオカミのリーダーが私の絶命を待っている節は、感謝に似た思いになりました。
過去世を初めて聞いた時から、きっと生きている内に襲われ苦しみと絶望と恐怖の中絶命していったと考えていたので、
オオカミのリーダーの振る舞いにありがとうと言う思いが沸いて気ました。
真実を知ることが出来て本当によかったと思います。

それと、イルプロラシオンの集合魂が一つにまとまり大きなり力というか大きな波が来ているのはなんとすばらしいことでしょう。
私だけをモニタリングしているとは思いませんが、うねりに一役を担わなければならないのであれば、
これからももっと頑張れるようにしたいと思います。

多くの幼さの残る質問に沢山答えていただき本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

シャギー様

確かにパイトロンで分裂させられた魂たちは徐々に元に戻りつつありますが、それは集合魂の内での出来事で、その反映が地上にもたらされるのは、やはり徐々にというところでしょうか。

エゴを俯瞰し、エゴを薄くしていくのはとても大事なことですが、その「薄くしていく」ということも含めて、「エゴを洗練させていく」という作業は、皆さんの段階では大事なことになっています。

この「エゴを洗練させていく」ということの本当の意味は、また「エゴ」の本が出ましたら、そこで詳述しますのでお読みください。

これから本当の地球の革新が始まります(もう始まっていますが)。

質疑応答は本当に勉強になる書物です。

よくお読みになって、これからの世界に通用するあなたでありますように



虚空蔵55



こう

2019/2/14 No.3762

虚空蔵55様

わかりやすいたとえで説明してくださってありがとうございます。
私ははじめ影のない絵を描いていて、憑依霊から絵に影がない!と言われました。

陰の存在を認めない私に苛立ちを覚えていたのだと思います。
かわいくないと愛さないの?、高慢だとも言っておりました。

私は彼らを嫌って上から目線のところがあったので、えらそうでごめんなさいとあやまったら暗い姿から普通の人間の姿になりました。

私も上の霊からみたら暗い魂なので対等に接しようと思いました。
憑依しないで離れてくださいといってもやめません。

人間関係のトラブル、交通事故、難病、霊障と続いています。
憑依が解消されないのはカルマなのでしょうか。

五井先生の神と人間を読んで感銘を受け涙しました。
お祈りを続けていこうと思います。

宇宙全史は読み進めているところです。
20年ほど前に他の星の落ちこぼれや犯罪者が地球に連れてこられたと聞きました。
その経緯が書かれていて、どうしようもない魂の意味がわかりました。
自分のことをどうにもできないでいるのでわかる気がします。
地球の支配搾取の歴史は読むと気分が悪くなりましたが、身近でエネルギーの奪い合いは起きているので自分はそうしないと決めて変わることが必要だと思いました。

2010・2・10

こう様

五井先生のお祈りだけが救いです。

どこでもどんな時でも忘れないように。



虚空蔵55

2019/2/13 No.3761

はじめまして。皆様。どうぞ宜しくお願い致します。

中野ブロードウェイは私にはワンダーランドでした
まんだらけ様の前を行ったり来たりしておりました
中野坂上に住んでおりました。
たくさん まわり道をし時間がかかりましたが
この重要な時期に書籍を読ませて戴くことに感謝しております。
御礼を伝えたくコメントさせて貰いました。

非公開情報を希望いたします。
現在、募集を停止していると思いますが、トライだけはしておきたいと思いますので、審査をお願いいたします。
と他の方のコメントを見ました
私も知りたいです
お願い致します。

2019・2・8

恵様

中野ブロードウェイには当時から何と言ったらいいのか…ポータル・ホールのようなものがありました。

勘の鋭い方は、ここ(BBS)に「ありますよね」と書いて来ておられましたが、あまり興味本位の方たちがワサワサ来られても困るので、その時はスルーしておきました。

ポータル・ホールとは、簡単にいいますと「異界とつながる、つながっている」穴とでもいうのでしょうか。
ただ面白いことに、そのホールはランダムなのか、何か規則性があるのかは不明ですが、時を置いてブロードウェイの中を移動しています。

いまだにあるのですが…ブロードウェイが何となく面白いという方は、どこかでそういうものを感じておられるのかも知れません。


●非公開情報の権利獲得に関しましては、なんともお答えできない状況です。

下のほうで「受け付けておきます」と書いてしまいましたが、それはなしで、いつか解放されましたら、その時再度申し込んでください。

こちらで事前に受けつけて、解放されたときにお知らせするという事はしません。

この掲示板を注意してご覧になっていて、解禁になった時に申し込んでください。

よろしくお願いします。



虚空蔵55

ちぃ

2019/2/13 No.3760

虚空蔵様、みわ様

初めて投稿させていただきます、ちぃと申します。

宇宙全史で二か月程前から勉強させていただいてます。
五井先生の祈りというものを知り

youtubeで五井先生のお話を聞き、平和の祈りを日々行っていましたら、思えば昔から守護霊様方と守護神様方はじめ、家族や木さん、石さん、動物さん、日々登り在り続けてくれた月さんや太陽さん、身近には体さんや細胞さん、内臓さんにいたるまで様々な存在に愛され、与えられ続けていたのだなあ、と気づき。

同時に、それらの想いに泥を塗り、唾を吐きかけてきた事実に悲しくなりました。
そして、できることならそれらの想いに応えられるようになりたい。

大切なものを 大切と知り 大切にしたいできるような

そんな自分になりたいと未熟ながらに想います。

虚空蔵様、みわ様は今、大変なお仕事をなさっていて、とても大変な想いをなさっているとは重々承知です。

ですが、どうしても私は何者なのか、私の天命とは何なのか、今どう行動すればいいのかわからずにいます。

もし、許させるならお言葉を頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私たちの天命が完うされますように

守護霊様、守護神様、五井先生
ありがとうございます。

2019・2・8

ちぃ様

今は日々のお祈りの中で見いだせる、あなた自身の気づきを大切に。



虚空蔵55


砂美

2019/2/13 No.3759

いつもありがとうございます。

魂について「宇宙全史1」の「第7章 魂」を読み直したのと、
質疑応答や非公開情報を出版日順に読んでいったところ、
質疑応答3のP.142〜、更に詳しい説明や、違った言葉での説明があり、
少し理解を深めることができました。

よく調べずに質問をしていしまい、反省しています。
また、先日のシャギーさんへの返答(No.3745)の中にも、説明があり、
感謝しています。

「漠然とした分からない」が、「具体的な分からない」になったとき
答えに近づけるように思いました。
ありがとうございました。

2019・2・4

MOG

2019/2/13 No.3758

虚空蔵55様 みわ様 

大変久しぶりに投稿します。
宇宙全史で勉強させていただき、早10年の月日が流れます。

10年前、最初の投稿で、前世、出身星、天命まで教えていただき、私の出身がイルプロらシオンのアメーバであり、私の集合魂も学びを求めるというより人間として生きその経験をサンプルとして集めるという拙い魂たちであること。

私の天命も、「生きて感じる」ということも教えていただき、この10年は、祈りと数々の経験を経ていまに至っているように思います。

又、祈りによって集合魂が激変するかもしtれないとのアドバイスをいただきそれによって天命まで変わるかもしれませんとのアドバイスをいただきました。

その節はたいへんありがとうございました。
その希望を奥に秘めながらの10年だったかもしれません。

近況は、世界平和の祈りが、寝ても、夢の中でも、仕事中でも事あることに唱えられるようになりました。


五井先生の法話も、何十回も繰り返し聞き世界平和の祈りに縁あり唱えられることが、とてつもない恩寵であること。
また世界平和の祈りを唱えなくては、もうどうしようも救いのない存在であること。世界平和の祈りを祈らなければならないていたらくな存在で申し訳ありませんよろしくお願いいたしますという気持ちも時々出てきます。

日々の思いや、浮かび上がる感情は、祈りに乗せて消えるように心がけていますが、いかんせん、自分のことしか考えず、依存心の強いエゴな自分。消えていく姿といいながら過去の不都合な因果が出てきたら、恐怖して出てきてほしくない。できれば見たくない。
穏便にすましたいという自分。

それでも祈りに乗せて消えていく姿で、消せるという恩寵は只々ありがたいです。

No3745のシャギー様の回答で、肉体をエーテル体がコントロールしそのエーテル体をアストラル体アストラル体をコーザル体とあります。宇宙全史的に当てはめると集合魂が変われば、守護霊、守護神も変わるとあります

それによってそれで私の集合魂も変化しているのかもしれません。
私自身が、以前より穏やかになってきています。

質疑応答9楽しみにしています。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私たちの天命が完うされますように

守護霊様、守護神様、五井先生
ありがとうございます。

2019・2・3

satsuki

2019/2/13 No.3757

虚空蔵55様、みわ様いつもありがとうございます。

自分というものがどんどん露骨になっていってます。
実際の私は周りの物に右往左往してしまっています。

小さい時に満たされなかった想いなどもあるでしょうが、それが私を本当に満たしてくれることはありません。ただ、虚しく時間が過ぎていくだけです。

しかし、この世の経験が不足して、あまりにもものを知らなすぎるのも事実です。
現実が怖くて関わりから逃げる癖がありますから。
仕事を通して、いろんな葛藤を通して、苦しさを通して、頭からはなれて経験していくこと。
当たり前のことなんでしょうが、それができず、頭で作り出した、城壁の中から出てこられずその中で完結しようとしていました。
これが世界なんだと、本気で想い、いつも絶望していました。
ひとつの仕事を通して、今限界だと思っていた日常が、崩れつつあります。
城壁が崩れつつあり、外の気配を感じつつあります。
もっと早くこんな感じに気づけていたら、まんだらけでも、もっと長く働けていたかもしれません。
しかしこういう自由な匂い、感覚の気配を感じられなかったというのは、やはり因縁因果の、集合魂のどうしようもないカルマゆえだっのでしょう。

柔らかいお祈りを知り、自分は直ぐに良くなるのだとばかり思っていました。
いつになったら自分は変わるんだろうと、不信感を持ち続けていました。
こうして祈りとともに暮らしてきて、劇的な悟りはありませんでしたが、あ〜何だか、守られ、生かされ、育まれ、周りからとても助けられ、苦しいのですが、とても厚い層に守られている。そんな感じを感じます。

守りに気づき、安心して、身を任せ、目の前のことに力を注ぐ、それを実感しつつあるのでしょうか。

本当に本当に、去年の夏から身の回りが落ち着かなきない状態となり、まぁ〜何なんだろうかとあきれるくらい
ことが起こります。
あ〜もうやってられるかとの想いになることもあり、祈りにちょっと触れる程度で、日々の荒く浅い汚れた想念に負けるときもあります。
なんとかぶら下がっている今です。
五井先生のご法話テープに久しぶりに聴き入りました。
あ〜と、胸を任せて安堵して眠りにつくことができました。
日々、全てが、何が何だかまったくわかりませんが、

五井先生ありがとうございます。
私の帰る場所です。

2019・1・30

アレクサンドロス

2019/2/13 No.3756

虚空蔵55様

これ以上の混乱を招くのは(先方に対しても)避けたいですし、私の本意ではありませんので、性急な動きを行うのは致しません。再訪はしません。

お返事の通り、上の方様の通達があるまで余計なことはせずに、大人しく心静かに反省の心と共に待ちます。

今週末にと書いた為に、早急なお返事でストップをかけて頂きましてありがとうございました。
また、今の私が私自身のしっぽを追いかけまわして白眼剥いているさまがわかりました。
冷静に落ち着きたいと思います。心ここにあらずの状態で他人様に怪我などさせないように十分気をつけたいと思います。

お返事をくださいまして本当にありがとうございました。
アレクサンドロス

2019・2・13