「あなたはもう百足の性質を持った人間よ。

これがわたしの恩返しなの。」

「おとうさん、一郎はどうかしてしまったんだよ。

顔つきも目つきもじんじょうじゃない…」

「あ……なにもかもすてきだらけよ」

「ふふふ、脳軸を覚乱する

あのくすりが完全に効いたようだ」

まんだらけ出版発行 奇談シリーズ7 白丸健二『百足部落/墓場が呼んでいる』

白丸健二(児)とは、奇談シリーズ最多登場の橋本将次の別名義の一つ。
橋本将次は水木しげるの妖怪画の一部を手掛けた実力派という認知も進んだことや、 兎月書房誌上最も陰惨とされる『幽霊患者』『双頭蜘蛛吉』の発掘によって近年最も再評価の高まった貸本作家の一人。 その著作の中から名うての貸本マニアたちが絶賛してきた『百足部落』をついに復刻!

もう1作は陰惨さに官能を静脈注射したサイケデリック殺人劇画『墓場が呼んでいる』をセレクト!
大橋耕次名義の緊縛エロ劇画作品などで見せる容赦ない嗜虐性を炸裂させた問題作!
ヒロポンで実の兄を失った経験から薬物に対する憎悪を叩きつける作品を発表してきた橋本将次を語る上でもはずせない一作!

「東京・日の丸文庫(光伸書房)」発行の白丸名義作品2作を収録した両A面作品集です!

A5判/限定200部・ナンバリング入
有識者による解説特典小冊子付き
4,000円+税

完売致しました。ご購入いただきありがとうございます。

奇談シリーズ