花街で頑張るあの子へ、舞台裏にはいつものごはん。

みなさんこんにちわ。

庭のプランターに中国産のニンニクを植えて無事に芽が出たため、晴れて国産と偽れる中野店白石です。

前回の『鬱ごはん』に続き、また好きな感じのごはんもの漫画をご紹介します。

ごはんもの飽きたとか言わない。流行りの中にも良作はいっぱいあるんです。

舞妓さんちのまかないさん/小山愛子/小学館/既刊3

_1.jpg

タイトルの通り、京都の華・芸で生き抜く舞妓さんたちが

_2.jpg

屋形という家に帰って

_3.jpg

オフレコになった時

_4.jpg

そこで食べるごはんを作る

_5.jpg

「まかないさん」のお話です。

全編通してセリフはやんわりした京都訛り。読んでいて気持ちいいです。

さて舞妓さんがどういうものなのか全然知らないって人へ、ざっくりした流れを。

16歳(中学卒業):全国津々浦々から、舞妓さん志望者がこの「屋形という共同生活の場に集まる

17歳:仕込み(見習い)...先輩(姉さん)のサポートをしながら立ち居振る舞い・踊り・礼儀などを学ぶ

17~19歳:舞妓...年数は個人によってまちまち

20歳位:芸妓...屋形を出て、一人で生計を立てる

※あくまで一例。芸妓さんとして働き続ける子、舞妓までで籍を抜く子、体力が続かず引退する子などさまざま。年齢と舞・芸妓の立場は本人の実力によって差があるそうです。

スマホは持たず、舞妓として髪を結いあげたら一週間そのまま、休みの日以外はコンビニやマックにも入れない。8時に朝食、踊りのお稽古の終わった12時に昼食、夕方16時頃に早めの夕食を食べたら着付けをして夜のお座敷に向かいます。お客さんの前で芸を披露して接待をするのはこの時。よって帰宅は深夜になる、なかなか厳しい世界です。

そんな屋形で三度のごはんを作る主人公がこちら。

_6.jpg

キヨ16歳。料理が好きでマイペース、のほほんとした女の子。

屋形での描写が主なので、こんな舞台裏が日常です。

_7.jpg

ごはん時はバタバタだったり

_8.jpg

見習いさんたちと世間話したり

_9.jpg

髷+私服(パジャマ)というインパクトの強い格好で雑談したり。

で、いいなーと思ったのは、食事シーンがメインになるごはんものの中でこの場面があった事。

_10.jpg

ごはんそのものだけじゃなく、「作ること」自体に視点があるのだなと感じられます。

***

さて、では本題に入りましょう。

キヨさんには、ふるさとの青森から一緒に上京してきた女の子・すみれ(すーちゃん)がいます。

_11.jpg_12.5.jpg

_12.jpg

実はキヨさんは舞妓さんになれなかった子、のんびり屋の性格から「向いてない」と言われてしまった子なんです。けれどふいにピンチヒッターで作った親子丼がきっかけとなり、まかないとして働くに至ります。

逆にストイックで負けん気の強いすみれは、舞妓さんへの道を駆け上がります。

この二人の関係性がとても丁寧に描かれていて、2巻以降は二人のエピソードが増えていきます。

今回は、そんなすみれのためにキヨさんが作ったごはんをいくつか紹介しましょう。

・甘酒

_13.jpg

慣れない枕で眠れないすーちゃんへ、一日かけて発酵させた深夜の甘酒。

_14.jpg

・からあげ

_15.jpg

思わず口走るほど食べたくなってしまったメニュー・からあげが、目の前にある幸せ...。

_16.jpg

・なべっこ団子(お汁粉)

_17.jpg

_18.jpg

すみれの舞妓デビューとなる店出しの日、緊張の連続を抜け出して、閑散とした台所で二人で食べる故郷のデザート。

・かきもち

_19.jpg

_20.jpg

舞妓への道が早々に絶たれたキヨさんに、すみれはある種の責任感や引け目を感じています。そんな状況に反して、キヨさんはのんびりと自分らしくおいしいものを作り続けます。

「かきもち」の回は、その葛藤を乗り越えてすみれが「あこがれの人」にキヨさんを選ぶという、ほっこりカワイイエピソード。まあキヨさんにとっては、表舞台に立つ舞妓さんよりもごはん作りの方が「しっくりきた!という感じのようで...。

ん?こうしてみると揚げ物と甘い物ばっかりだな?

まぁそうだよな......揚げ物とスイーツは正義だよな......。

飯は「救われてなきゃあダメなんだ」とはかのゴローさんの名言ですが、この漫画にも、花街で働く舞妓さんたちへの優しい救いがたくさん詰まっています。

***

それでは最後に一番好きなこのシーンを。

冬の朝、青森にいた頃と雪かきの音が変わらないキヨさんの姿を眺めながら、すみれがぼんやりする場面。舞妓さんとして芸名「百はな」をもらい、本来の名前を呼ばれることはなくなります。こうしてどんどん変わっていくすみれと、何も変わらずマイペースなキヨ。対照的な二人の、じんわりあたたまるシーンです。

_23.jpg

_24.jpg

で、最後二人で台所に入っていくこのコマがとてもいい。_30.jpg

作者コメントには「いつもの台所の美しさ、いつものごはんの愛おしさ」といったニュアンスがあり、まさしくそれを体現したようなストーリー。花街(かがい)という非日常のなか、その舞台裏にある日常ごはんの一端をそっと教えてくれる作品です。

べらぼうに料理がうまいわけでもなく、ごちそうが目白押しでもない。けれど「作って、食べてもらうごはん」と「作ってもらって、食べるごはん」の大切さがここにあります。

あと和風建築ならではの、いい意味で古くさいレトロな台所もいいんだよね...。

こういう"裏方さん"漫画ってもっとないのかな...。

通販はこちら『舞妓さんちのまかないさん』

https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E8%88%9E%E5%A6%93%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%95%E3%82%93

小山愛子の前作『ちろり』

https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%81%A1%E3%82%8D%E3%82%8A%E3%80%80%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E6%84%9B%E5%AD%90

担当:白石

中野店 白石

1週間のアクセスランキング

  1. まんだらけ | サーラの本棚 - 異世界風俗情報発信『異種族レビュアーズ』(124PV)
  2. まんだらけ | サーラの本棚 - これは、パンストフェチ覚醒漫画なのか?(69PV)
  3. まんだらけ | サーラの本棚 - 初版本ってオタク心をくすぐりますよね。桂正和「電影少女」を紹介します!(45PV)
  4. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作のラストセックスを探れ!(43PV)
  5. まんだらけ | サーラの本棚 - 「ゴルゴが敵の彼女を強姦、それを録音再生して敵を射殺する回」と僕の友人の話。(37PV)
  6. まんだらけ | サーラの本棚 - 十代の衝撃!!ぶっ壊れる日常「さくらの唄」(31PV)
  7. まんだらけ | サーラの本棚 - 仔牛の肉の味とは...「まんが サガワさん」(30PV)
  8. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その②(28PV)
  9. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その①(19PV)
  10. まんだらけ | サーラの本棚 - 「島耕作」のアフターストーリーを読め!その①樫村翔太(18PV)
  11. まんだらけ | サーラの本棚 - 全女体化スキーが泣いた!『ボクガール』(17PV)
  12. まんだらけ | サーラの本棚 - けっこう仮面の進化形は顔なんて隠さない(15PV)
  13. まんだらけ | サーラの本棚 - 【シロかわいいよ】デッドマンワンダーランド【シロ】(14PV)
  14. まんだらけ | サーラの本棚 - すべての変態へ愛を捧ぐ。猟奇刑事マルサイ。(14PV)
  15. まんだらけ | サーラの本棚 - 思い出すんだ、小銭を握り締めてゲーセンに通い詰めたあの日々を…(12PV)
  16. まんだらけ | サーラの本棚 - 「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」(萩原一至)の9巻と18巻のVer.違いってご存知でしょうか?(12PV)
  17. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ!その③(12PV)
  18. まんだらけ | サーラの本棚 - 「私だってその気になれば」(11PV)
  19. まんだらけ | サーラの本棚 - 蛭田達也、数年ぶりの近況報告(11PV)
  20. まんだらけ | サーラの本棚 - ブラックジャックアンソロの種村有菜がヤバい件(11PV)
  21. まんだらけ | サーラの本棚 - ☆ネタバレ注意だけどネタバレ読むと気になって小説読みたくなる☆ 山下いくと著 エヴァンゲリオンANIMA ☆画像あり☆(11PV)
  22. まんだらけ | サーラの本棚 - 新田たつお先生の濃いインタビューを掲載「静かなるドン 完全データブック」(10PV)
  23. まんだらけ | サーラの本棚 - 画太郎先生まさかのガールズ☆冒険ファンタジー作品「ミトコン」「ミトコンペレストロイカ」(9PV)
  24. まんだらけ | サーラの本棚 - 今最も渋くて熱い男がコロコロコミックにいる(9PV)
  25. まんだらけ | サーラの本棚 - 人類には早すぎたフェチまみれSF、林崎文博『ガブメント』(7PV)
  26. まんだらけ | サーラの本棚 - はじめてなのに見覚えがある...?安彦良和「アリオン」(7PV)

白石と同じカテゴリの記事

最新の記事
荒木飛呂彦の読切はスマホ片手に奇妙な事件~岸辺露伴は動かない2巻~

以前にジャンプ作家読切のオススメをさせていただきましたが、久々にまた読切作品の良作に出会えたのでご紹介いたします。 荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない」2巻 話は過...

宇都宮店 滝田

手塚治虫は劇画を描いたのか?

宇都宮店コミック担当の福田でございます。今回紹介する本は、小学館クリエイティブから発行された手塚治虫劇画作品集「花とあらくれ」です。 貸本短編誌に手塚の名前を目...

宇都宮店 福田

原画展も舞台も関西にも来てくれーーーー!!

東京も行くけどねー!!!! 心の叫びが駄々漏れですが今回は30周年で盛り上がりを見せる藤田先生の「からくりサーカス」! 何を話してもネタバレになりそうで怖いで...

うめだ店 内山

初版本ってオタク心をくすぐりますよね? 鳥山明「Dr.スランプ」を紹介します!

こんにちは!サーラの樋口です。 今回、ご紹介するのは「Dr.スランプ」(鳥山明)の初版と重版分の修正箇所についてです! 「Dr.スランプ」は版権問題や、自主規制...

サーラ 樋口

モノ作りは楽しいゾ! DIY漫画の最前線、横山知生「ボクと師匠の秘密工房」

モノ作り、って楽しいですよね? 面倒? その過程もまた楽しいものなのですよ。   というわけで、苦労も楽しいそんな自家中毒気味な趣味、DIY(Do It You...

うめだ店 山本

狂っているのは誰?

今回は誘怪犯などの代表作で知られているホラー漫画家の洋介犬先生の 外れたみんなの頭のネジの紹介です。始まりは主人公のミサキが街に住む住人の異変に気付くところから...

コンプレックス 小林

咲-Saki-を生み出した小林立が主人公の麻雀漫画界バトル漫画!?

今回は超能力麻雀バトル履いてない巨乳女子高生漫画(?)の咲-saki-の番外編(???)である立-Ritz-の紹介です! お久しぶりです。名古屋店の山田です。麻...

名古屋店 山田

夢女を量産する女

 リズブルーバードしてきました。 本編未視聴だったので二の足を踏んでいたのですが、あまりに周りから話が流れてくるので我慢しきれず行ってきたのですが・・・ 冒頭か...

渋谷店 田名部

この職場楽しそうだな。

こんにちは。今回はこちらを紹介します。    講談社 蜷津直 センチレンタル少女  レンタルショップで働く少年少女の日常の1コマを数多のシュールでしょうもないギ...

コンプレックス 山田

個人的に実写化希望!犬犬犬!!

あ~夏来てんなぁ~って感じになってきましたね。 1ヵ月ぶりです。山崎です。 雨が多くなる季節ですが、気持ちは晴やかに行きたいものですね。 またしてもネタに迷っ...

うめだ店 山崎

コミック通販