食わなきゃ死ぬけど食うのが死ぬほどしんどい

こんな覚えはないだろうか。

残業後に終電で帰宅し、くたくたの体と抱えた空きっ腹を満たせるのはラーメンチェーン店だけ。ぼんやりしたままメニュー表の上をすべる目線の先では、クーポン券の適用範囲について喧々諤々になっている新人店員と酔っ払い客。斜め前には氷の解けたウーロンハイを片手に、食べかけのからあげを見つめて動かない老人。煌々と灯る真っ白な蛍光灯と無闇に明るいBGMの下、うんざりしてお冷を煽ると、よくわからないかけらが底にたゆたっている。

***

飯物漫画の隆盛はいまだ健在であり、昨今は別潮流の異世界モノとの合わせ技によって、一味も二味も違う作品が世に出続けている。

だが、今一度確認しておくべきことがあるだろう。

飯はときに、地獄だ。

鬱ごはん/施川ユウキ/秋田書店(既刊2巻)

ame0024.jpg

主人公は22歳の鬱野たけし。

画像2.jpg

就職浪人、彼女なし、友人ほぼなし、特に趣味もなくコンビニでバイトするか寝るかを繰り返す冴えない男だ。彼が「エネルギーを摂って生き延びるためにやむなく口に運ぶなんらかの食事」の風景および心象を、淡々と描写する漫画がこの鬱ごはんである。

鬱野のモノローグが大半を占めるなか、一つの異端として登場するのがこいつ。

画像3.jpg

皮肉めいた状況説明や辛辣なツッコミを担当する、脳内のイマジナリーフレンド•黒猫。ニート一歩手前を低空飛行する鬱野と、この黒猫の掛け合いだけで作品は構成されています。

個人的にこれは、かなりの精度をもった「あるある」漫画だと言いたいです。

具体的には、数年前世に出て少し話題となった「トイレ飯」(グループ席が基本の大学の学食に一人で行くことが出来ず、やたらキレイなトイレの個室で昼飯を食べるぼっち学生の所業を指す)という単語を聞いて「へぇー、あれにはそんな名前があったんだな」と思うような位相にいる人にとっての「あるある」です。はい...私です。

そんな救いのかけらもない孤独のグルメに勤しむ人々に、独断と偏見で多大な共感を呼ぶであろう場面をいくつか選んだからみんな泣きながら読むといいよ。

画像4.jpg

画像5.jpg

このドーナツ店は笑って読める程度ですが、巷にはもっと「店の仕組みにおいて当然理解されていることが前提となる暗黙のルール」があふれていてほんとにツラい。オーダーの手順とかメニューの選び方とか、極力分かりやすくされてるんだろうけど一見にはサッパリ分からんケースの多いこと。やっぱりサブウェイは未だにちょっと緊張するし、スタバは未開の地なのは私だけではないはずだ。しかも一番こわいのは、戸惑って店員に訊こうとして「......は?」みたいなリアクションをされる結末。逆に一拍間があった後やさしーくフォローされるのも内心(笑)ってなってんじゃないかって無闇に恥ずかしくなる。

たとえばこういった、脳内における無数の試行錯誤と自問自答が、この漫画の見どころなんです。

次にこれ。雨の日に入ったマックの階段で滑ってドリンクをこぼし、九死に一生の状況下で他人とすれ違う...という一部始終。

ame0002.jpg

ame0002 (2).jpg

ame0002 (3).jpg

ただでさえ馴れない精密機器(食品の載ったトレー)を持って狭い階段を上がっているというのに、前方から他人が来た時の無理ゲー感、いや絶望感。しかも上の鬱野はすでに敗北を喫している。手軽に食べられるはずのファストフードが、どんどんサドンデス状になっていく謎の感覚は今に始まったことではありません。

一番好きなのはこれ。

画像9.jpg

画像10.jpg

席を選ぶ数秒における、この果てしない逡巡。

外食の際にどうしても他人を背景に落とし込めず、気を揉んで神経を張り巡らせてすり減るのはなぜか。それは三大欲求の大事な柱である食事において、外食という手段は常に他人という敵陣の中にあるようなものだからだ。

「誰も見てねーよ」

「気にし過ぎだろ」

そりゃあ、ツッコミはこの一言に尽きますけれども。

自意識過剰ならぬ他意識過剰ともいうべきか、ただただ要らぬMPを削っていく人間の気の小ささよ。

連載開始から1巻発売、そして2巻へと続く間に実に6年の日々が経過しており、リアルタイムで鬱野が年を取っているという設定がまたなんとも痛々しい。2巻の後半でアラサーになってるからね。

1巻の頃はなんだかんだで半々くらい自炊をしていた主人公ですが、2巻は外食の頻度が上がります。それと反比例する形で黒猫が登場しなくなってくるのも気になるところ。

そんな中、主人公が衝動的に一人旅に出た時のこの話は実に秀逸(ところどころ端折っています)。

画像11.jpg

画像12.jpg

いったい何と闘っているんだこの男は。

画像13.jpg

画像14.jpg

この哀愁。コンビニの店先でカップ麺というよくわからん憧れ?もさることながら、寒さに負けて逃げ込もうとした証明写真の機械にすら拒絶されるこの感じ。何やってんだろ俺...という自嘲さえ憚られるような一幕です。

こうして幾度となく繰り返される「食」を、どうしたって楽しめない彼の行く先はどこかというと...

画像15.jpg

画像16.jpg

画像17.jpg

画像18.jpg

最初にここ読んだ時、あーやっぱりねってしっくりきたんです。

残念だけど、そうだよなと。

.........

なーんてね!!

これ、実は1巻のラストです。「どさっ」と落ちたのは主人公ではなく、餅。

なんじゃそりゃ!?と思った人はぜひ読んでください。とっておきの1巻ラストエピソード、なかなか面白いですよ。

最後に施川ユウキのあとがきによると、鬱野は底辺ながらも特に悩みや病気もなく、それなりに生きていけてる人だと表現されています。また飯に関するあれこれも、ある意味では若き日のネガティブな1ページに過ぎないとも。言い方を変えれば、鬱ごはんのストーリーはひたすら主人公の「オレ劇場」。まずくてもしんどくても飯に対して必ず何かしらのアクションを起こし続ける時点で、彼はそこそこ大丈夫なヤツなのだろうと。

画像20.jpg

↑作中で唯一前向きなことを言った瞬間。

がんばれ鬱野。たぶん、世界のだいたいは君の味方だ(...と思う)。

中野店白石

中野店 白石

1週間のアクセスランキング

  1. まんだらけ | サーラの本棚 - 異世界風俗情報発信『異種族レビュアーズ』(126PV)
  2. まんだらけ | サーラの本棚 - これは、パンストフェチ覚醒漫画なのか?(69PV)
  3. まんだらけ | サーラの本棚 - 初版本ってオタク心をくすぐりますよね。桂正和「電影少女」を紹介します!(45PV)
  4. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作のラストセックスを探れ!(43PV)
  5. まんだらけ | サーラの本棚 - 「ゴルゴが敵の彼女を強姦、それを録音再生して敵を射殺する回」と僕の友人の話。(37PV)
  6. まんだらけ | サーラの本棚 - 十代の衝撃!!ぶっ壊れる日常「さくらの唄」(32PV)
  7. まんだらけ | サーラの本棚 - 仔牛の肉の味とは...「まんが サガワさん」(30PV)
  8. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その②(28PV)
  9. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その①(19PV)
  10. まんだらけ | サーラの本棚 - 「島耕作」のアフターストーリーを読め!その①樫村翔太(18PV)
  11. まんだらけ | サーラの本棚 - 全女体化スキーが泣いた!『ボクガール』(17PV)
  12. まんだらけ | サーラの本棚 - 【シロかわいいよ】デッドマンワンダーランド【シロ】(16PV)
  13. まんだらけ | サーラの本棚 - けっこう仮面の進化形は顔なんて隠さない(15PV)
  14. まんだらけ | サーラの本棚 - すべての変態へ愛を捧ぐ。猟奇刑事マルサイ。(14PV)
  15. まんだらけ | サーラの本棚 - 思い出すんだ、小銭を握り締めてゲーセンに通い詰めたあの日々を…(12PV)
  16. まんだらけ | サーラの本棚 - 「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」(萩原一至)の9巻と18巻のVer.違いってご存知でしょうか?(12PV)
  17. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ!その③(12PV)
  18. まんだらけ | サーラの本棚 - 「私だってその気になれば」(11PV)
  19. まんだらけ | サーラの本棚 - 蛭田達也、数年ぶりの近況報告(11PV)
  20. まんだらけ | サーラの本棚 - ブラックジャックアンソロの種村有菜がヤバい件(11PV)
  21. まんだらけ | サーラの本棚 - ☆ネタバレ注意だけどネタバレ読むと気になって小説読みたくなる☆ 山下いくと著 エヴァンゲリオンANIMA ☆画像あり☆(11PV)
  22. まんだらけ | サーラの本棚 - 新田たつお先生の濃いインタビューを掲載「静かなるドン 完全データブック」(10PV)
  23. まんだらけ | サーラの本棚 - 画太郎先生まさかのガールズ☆冒険ファンタジー作品「ミトコン」「ミトコンペレストロイカ」(9PV)
  24. まんだらけ | サーラの本棚 - 今最も渋くて熱い男がコロコロコミックにいる(9PV)
  25. まんだらけ | サーラの本棚 - 人類には早すぎたフェチまみれSF、林崎文博『ガブメント』(7PV)
  26. まんだらけ | サーラの本棚 - はじめてなのに見覚えがある...?安彦良和「アリオン」(7PV)

白石と同じカテゴリの記事

最新の記事
荒木飛呂彦の読切はスマホ片手に奇妙な事件~岸辺露伴は動かない2巻~

以前にジャンプ作家読切のオススメをさせていただきましたが、久々にまた読切作品の良作に出会えたのでご紹介いたします。 荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない」2巻 話は過...

宇都宮店 滝田

手塚治虫は劇画を描いたのか?

宇都宮店コミック担当の福田でございます。今回紹介する本は、小学館クリエイティブから発行された手塚治虫劇画作品集「花とあらくれ」です。 貸本短編誌に手塚の名前を目...

宇都宮店 福田

原画展も舞台も関西にも来てくれーーーー!!

東京も行くけどねー!!!! 心の叫びが駄々漏れですが今回は30周年で盛り上がりを見せる藤田先生の「からくりサーカス」! 何を話してもネタバレになりそうで怖いで...

うめだ店 内山

初版本ってオタク心をくすぐりますよね? 鳥山明「Dr.スランプ」を紹介します!

こんにちは!サーラの樋口です。 今回、ご紹介するのは「Dr.スランプ」(鳥山明)の初版と重版分の修正箇所についてです! 「Dr.スランプ」は版権問題や、自主規制...

サーラ 樋口

モノ作りは楽しいゾ! DIY漫画の最前線、横山知生「ボクと師匠の秘密工房」

モノ作り、って楽しいですよね? 面倒? その過程もまた楽しいものなのですよ。   というわけで、苦労も楽しいそんな自家中毒気味な趣味、DIY(Do It You...

うめだ店 山本

狂っているのは誰?

今回は誘怪犯などの代表作で知られているホラー漫画家の洋介犬先生の 外れたみんなの頭のネジの紹介です。始まりは主人公のミサキが街に住む住人の異変に気付くところから...

コンプレックス 小林

咲-Saki-を生み出した小林立が主人公の麻雀漫画界バトル漫画!?

今回は超能力麻雀バトル履いてない巨乳女子高生漫画(?)の咲-saki-の番外編(???)である立-Ritz-の紹介です! お久しぶりです。名古屋店の山田です。麻...

名古屋店 山田

夢女を量産する女

 リズブルーバードしてきました。 本編未視聴だったので二の足を踏んでいたのですが、あまりに周りから話が流れてくるので我慢しきれず行ってきたのですが・・・ 冒頭か...

渋谷店 田名部

この職場楽しそうだな。

こんにちは。今回はこちらを紹介します。    講談社 蜷津直 センチレンタル少女  レンタルショップで働く少年少女の日常の1コマを数多のシュールでしょうもないギ...

コンプレックス 山田

個人的に実写化希望!犬犬犬!!

あ~夏来てんなぁ~って感じになってきましたね。 1ヵ月ぶりです。山崎です。 雨が多くなる季節ですが、気持ちは晴やかに行きたいものですね。 またしてもネタに迷っ...

うめだ店 山崎

コミック通販