宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。
あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

虚空蔵55

2016/10/23 No.339

●ただ今右のBBS板のシステムが不稼働状態になっていまして、復旧までこちらで展開することにしています。

--------------------------------------------------------------------------

質問者:papas

こんにちは、パパスです。
大切な誕生日プレゼントをありがとうございました。

本日は初歩的な質問になってしまうのですが次元について疑問に感じたことがあります。

宇宙全史ではパラレルワールド、平行世界を五次元空間(P555)と表しており、曖昧ながら集合魂のある世界が六次元空間と認識しているのですが、では時間ではないと明記されている四次元空間とはいかなるものであるのでしょうか?

五次元、六次元空間についてはある程度断片的ながら知識がありますが四次元空間についての知識は殆どないことに気付き質問させていただきました

自分でも余り良くわかっていないためはっきりとしない質問になってしまっているのですが
可能であればよろしくお願いします

2016・10・22
papas様

「時間ではないと明記されている四次元空間とはいかなるものであるのでしょうか」

●現在の一般的な次元の概念が3次元を「縦」×「横」×「高さ」としています。
そこに「次元」=ベクトル軸の数としてもう一つ…つまり4番目の軸を「時間」と規定したものが現状「4次元」とされています。

その概念で「4次元」の時間軸を軸としない「4次元」とはなんぞや?という質問でいいでしょうか?
それでよしとして説明していきます。
(違っていたらまた問い合わせて下さい)

宇宙全史のワークでは未だに「次元」や「時間」についての明確な結論は出ていません。
「宇宙全史」第一巻が出てからこれまでに関連書籍やこのBBSでも「次元」や「時間」について書いて来ていますが、その構造については色々補填や変更がありました。
それらを含めて改めてこれまでの宇宙全史における「次元」の認識を簡単にまとめておこうと思います。

まず今の宇宙全史では「次元」を空間のベクトル軸という形で規定していません。
それでは「次元」は何かといいますと、まず「フラクタル次元」だという答えが先にあるのです。
これは月読之大神から降ろされたものですが、私にはその「フラクタル次元」がどういう意味を持つのかがいまだに理解出来ていません。
その結果私たちの次元には「小数点次元が存在する」という事実だけが示されていたのです

下位次元




3・27次元
3・28次元(今私たちがいるところ)
3・29次元





3・97次元
3・98次元
3・99次元
4・00次元
4・01次元




上位次元

こんな感じでほぼ無数の小数点次元が積み重なっています。
「積み重なっている」というよりはむしろ「グラデーションになっている」と表現した方が事実に近いでしょう。
何しろ上の図は便宜上小数点2桁までしか書いていませんが、現実は無理数並みにほぼ無限まで少数点以下の数字が続いています。
その中で4次元とか5次元はたまたま整数になっただけの次元数なので、あまり特別な意味はありません(と今のところは思っています)。

さてそこで「次元とは何か」という命題に戻りますと、現状宇宙全史では「次元は空間のベクトル軸」ではなく「意識の段階」であると規定しています。
ですから3次元は縦、横、高さという方向軸ではなく、意識が周囲の空間を縦、横、高さと認識している(出来る)段階にあるとしています。
あるいは意識が周囲の空間を縦、横、高さしか認識できない段階にあると言い換えてもいいでしょう。
そこで私たちの実際に今いる次元ですがほぼ3・28次元ですが、これは何を意味するのでしょうか。
3次元は分かりましたが、残りの0・28次元はいったい何を意味しているのでしょうか。

これ以上追及していくと本当に長くなってしまいますから「宇宙全史」第二巻をお待ちください。
その方が図解など入ってより分かり易いと思います。
(4次元はこの理解の後に解明されています)


非公開情報9ではパラレルワールド(並行世界)の理解にドン・ファンたちの「集合点」という概念が使用されていました。
これがまた「次元」の理解にも非常に役に立つものですが、この「集合点」の詳しい説明も第二巻で行います。

今の数学や科学には意識というファクターを数値に入力するという概念がありません。
あるいは意識を世界の構成要素に導入するという明確な選択も行われていません。
量子力学や高等数学にはその兆しはあるものの、科学者や数学者たちの多くは、その兆しの壁の前で「たじろいでいる」状態です。
あるいは「戸惑っている」と言い換えた方がいいかも知れません。

しかし世界が次元上昇を続けていくと自ずとその傾向性も雪解けのごとく解消され、3次元よりだった意識がより4次元よりになり、科学と意識(心)の融合という本来の世界の有り様が明確にされて行くかも知れません。

4次元とは(今の私たちの世界から見ると)より意識が拡大された世界で、縦、横、高さ以外にももっと多くの要素を空間の中に見ることが出来ます。
それは過去や未来といった時間や歴史かも知れませんし、人の心の中や五感を超えた玄妙な感覚かも知れません。
いずれにせよそこでは私たちの生息する世界はこことは異なり比較にならない程の色彩と豊穣を纏っています。

少し質問の意図からは少し外れましたが、まずは次元の整理をしておきました



虚空蔵55

虚空蔵55

2016/9/22 No.338

本日新たな非公開権利者の条件が降ろされました。

以下の条件を満たす方になります

@まんだらけの株を持つ方

A非公開権利者を望む方

Bここに書き込みをすること
(その場合「非公開権利希望」と必ず書いてください・それがないと無効になります・また書き込む内容は質問でも感想でもなんでも結構です・それをお読みになった上の方々が判断されます・今回はOTNさんがNo2984の書き込みで獲得されていますが、内容は人それぞれですので、全く参考にはならないと思います)

C権利獲得を告知された方はすみやかにこの左のNo335に従って手続きを始めて下さい


以上です


多くの方が獲得されることを期待しております


虚空蔵55
株の権利確認には一定の時間がかかりますが、一刻も早く参加して戴きたいので、ここではみな様の申告にそのまま従っています。

しかし後日それが間違いであったり、虚偽の申告であったりした場合は、権利は剥奪され、以後権利獲得は出来なくなります。

ご注意下さい

SO&SO

2016/9/17 No.337

お待たせしました。

本日より「非公開情報9」の予約受付を開始いたします。

ご希望の権利者様は本ページ左上、「宇宙全史非公開情報」のバナーのリンク先にあります「すでに非公開情報権利を取得済みで非公開情報をご希望の方」というバナーをクリック頂き、必要事項をご入力してお申込みください。
(パソコンが苦手な方は、まんだらけ中野店の編集部宛に「お名前」「株主番号(お分かりの方は)」「シリアルナンバー」「電話番号」「メールアドレス(お持ちの方のみ)」「ご希望の配送先」と非公開情報購入希望の旨を封書にてお知らせください)

お申込みの確認が取れました権利者様から順番にお代金をお振込み願います口座情報をメールもしくは封書にてお知らせいたしますのでお手続きをお願いいたします。
(この確認には日数がかかる場合があります)
なお「非公開情報9」は9月中の発行を予定しております。

完成まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます

宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

ひろかね

2016/12/11 No.3244

2016・12・7
今の私はエゴであるため感情が動くとちょっとうれしい。あなたのエゴを潰そうと思ったのは私の意志である。あのさーなんであんたはみんなが戸惑うような書き方をいつもするのかなー。私でもあんたが何を言いたいかいまいちわからないので見ている人はみんなわからないよねー。
万死の例は宇宙の法則をわかりやすく説明しただけなのよねーいい加減理解しろよ。
あんたの答えを見てわかったのは半端に知識があるためあんたのエゴは知識の武装をしているのでそのエゴはチョー取れにくいということだ。
あんたさー昔自分で書いていたことを忘れたのかなーチャクラを開く開かないはむこうに決定権があるということを。
これはエゴの特徴なんだけど自分の都合のいいとこだけピックアップするのよねー。
実存に関しては見た人が言葉で説明するとこういうことばだということなのよねー。
これはあんたの大好きな五井先生も同じことをいっているのよねー。
あほのくせにお前が学びになるかどうか判断するな。

2016・12・7
今暇なのでまた書くかもしれないが正直言ってこいつがここまであほだとは思わなかった。
みんなに考えてほしいことは方向性が正しいとチャクラが開き間違っていると開かないただそれだけだ。
こいつはチャクラが開かず私は開いたことがあるただそれだけだ。私は自分の正しいと思ったことをやりこいつはこいつの正しいと思ったことをやるただそれだけだ。自分のやった結果を自分の目で見るただそれだけだ。みんなには後悔のない人生を望むただそれだけだ。

2016・12・7
今回の件でみんな分かったと思うが月読さんの答えとふってない答えは全てこいつのエゴで考えた答えである。そこんとこをよく考えてほしい。

2016・12・7
みんなは今回のやり取りと私がチャクラを開いたと書いたので私に対して少しは興味があると思うので少し書くことにする。今の私はチャクラが閉じて普通の人と変わりない。だが一回開いたので意識さえすればインスピレーションがわかるレベルで降りてくる。
こいつは誰が言ったかとか言っているが実は上位意識は統率が取れているため誰が言っているかなどは問題にならず何を言っているかが重要になる。
まあ暇なので書くが間違った部分を指摘してほしと書いたのは私の書いたのはほぼ間違いがなく指摘したらあなたが間違いだと指摘するためのエサをまいただけだ。
チャクラを開いた人にチャクラが閉じている人が何を言ってもただの負け犬の遠吠えだ。
みんなはこれを見て正しいかどうか判断できないと思う。実は私は白黒のトップである。
なので黒もたっぷり入っているのでこういう書き方ができる。

2016・12・7
ここは月読さんが使っていいと言っているので使っているだけだ。
お前は最初から眼中にない。
エゴで話している限り向こうから見たらゴミぐらいにしか見えない。これは褒め言葉である。本当はもっとずっとちっちゃく見える。
お前は横で黙って聞いてろ。
体験した人の言葉には力があり真実がある。
その人の言葉を信じられたなら信じた人も力と真実に近づくことができる。
実は私は書き込む時は半分以上インスピレーションを使っている。上位意識を使わない限り正解は見えてこない。書くのがちょっと面倒なので答えるかどうかわからないが質問は受け付ける。

2016・12・7
今すぐ改心しないと私がチャクラを開いた後殺すことに決めた。この世界には言っていいことと絶対言ってはダメなことがあることをこいつには身をもってわからせなければだめだ。こんなカス生きてても大して役に立たない。

2016・12・8
今朝いきなりお前の守護霊らしき奴が謝ってきた。
こんなにクリアに聞こえたのはひさびさなのでちょっとビックリした。
やったのはお前だ。守護霊さんは関係ない。
私は何度も何度も同じことを言ってきた。
もう少ししたら自分のやった結果を自分で見ることになる。

2016・12・9
毎回どんなメールが来るか楽しみワクワクしているとのことというので今回のメールも楽しみでワクワクしたと思う。
実は私は他人にはほとんど興味がない。
私が興味があるのは意識の進化だけである。
実は私はお前が死のうが生きようがどうでもいいと思っている。
私はずいぶん長い間嘘をついたことがない。
自分に嘘をつかず正直に生きることが意識の進化には絶対の必要条件だと今でもそう思っている。
私は自分の言ったことはできるようになったら必ずやることを自分の信条としているので改心しないとチャクラが開いた後殺すということも必ずやる。
私は実存を見たのでこの世界でもうやることがないみたいだ。
チャクラを開くとその辺がはっきりすると分かったので今はチャクラを開くことにしか興味がない。
意識の高い状態でエゴで動いている人を見るとバカにしか見えないため自然と興味がなくなるみたいだ。
なので今の私は普段はエゴのコントロールはできているのでやることがなく少し退屈である。
上位意識とつながると気分が少し良くなるのでできるだけそうしたいがチャクラが閉じた状態では集中力を必要とするためちょっと面倒だと思ったりもする。
暇つぶしにこの掲示板に書き込みエゴを見てちょっと
バカだよねというのが今の私には楽しく感じられるのでそれをやっているだけである。
この世界は書いたように意識の高いやつが意識の低いやつを指導している。
なのでお前を指導できるのは私しか今現在いないみたいなのでお前が私の言うことを聞く聞かないは別として私が引っ張り出されてきたわけだ。
私の場合上位意識の発言はすぐ気づくのであるが私の書き込んだのを見てお前が全く気が付かないのを見て少し驚いている。
私の場合エゴが偉そうに私の邪魔をしてくるとつぶしてやりたくなるので今回もそうすることにした。
このままでは上位意識の警告は死んだ後に気が付くことになりそうだ。

2016・12・10
私は回りくどいことを言うのが嫌いである。
なのではっきり言うが今回の上位意識の警告とはすなわち月読さんの警告ということがわかった。
今のお前にここまでのことをしてくれる。
はっきり言う。私の言っていることは月読さんが。言っていることだ。
私の言うことを聞かないのは月読さんの言うことを聞かないのと同じだ。
私はお前がどするのか見えているので書くのが嫌だったがもっと上から見ると見え方がちがうのだろう。
私も道具の一人なので嫌なのだが上位意識に逆らう気がないので書いた次第だ。

ひろかね様

あなたはここにみんなの学びのために呼び出されています。
しかしあなたのメールのレベルが次第に低くなっていっています。
そのためこのままではここに再び掲載されることはないと思って下さい。

メールの内容が下がっているわけは、書いているものが入れ代わり立ち代わりして、さらにそれが段々レベルの低い存在に入れ替わって来ているということがあります。

あなたは憑依体質で、あなた自身は空っぽで中身があまりありません。
この「空っぽ」というのが問題で、そういう人にはいくらでも同じような段階の者がヒョイヒョイ入り込んで来ます。
ですから言動(この場面ではメールですが)がジェットコースターのように変わっていっています。

今ではすでに獣の類に入れ替わっているのです

これがあなたへの最終のメールです

よくお読みください


あなたは実際にマニピュラチャクラ(太陽神経叢の辺りにあります)が一時期開いています。
しかしその瞬間「慢心」というエゴにとらわれ

「自分は違うんだ」

というエゴがチャクラの開花を止めてしまっています。
その「自分は特別な存在」「人とは違う選ばれた人間」という驕りがその領域に道筋をつけてしまったのです。
「その領域」とは「獣の領域」でした。
サタンやエル・ランティといった(まともな?)負のゾーンではなく、ただひたすらでたらめな負のゾーン(獣レベル)とつながってしまっています。

これが怖いところでこのままいくとあなたは良くて「鬱」、進行していくと「廃人」に陥っていきます。

宇宙全史にある程度関わっていて、お祈りをしている方にはストッパーが効いていますから、一定の段階にならないとチャクラは開きませんし、たとえ開いたとしてもあまり自覚しません(強弱は人にもよりますが)。
かつてT氏のところでは手当たり次第に開いていましたが、それで幸せになった方を私は知りません。
T氏もその時開いた人も今ではその負荷に重いカルマを背負ってしまっています。

それではあなたの場合どうしてチャクラが開いてしまったのでしょうか

この事情はあなたの前世に関わってきます

時は比叡山に延暦寺が開かれる30年ほど前の平安時代(700年の後半)でした。
仏教が日本に入って来てすでに150年以上たっていましたが、まだまだ整備はされていなくて、色々な僧が日本中に存在していた時期です。
通常の寺院にいる僧もいれば放浪する托鉢僧、貴族のお抱え僧や大きな寺の僧兵などもいました。
またそうしたまともな僧だけではなく、通常の社会では生きていけなくなったはぐれ者が山に入り修験者ならぬ修験僧になったりしていました。
一応お寺の下部組織には属してはいますが、とても食い扶持はもらえず、自分たちで何とかするという状態で、山伏ではないので山では食えず、結局野盗もどきで民家に押し入ったり、作物を盗んだりして生きている者も多かったようでした。
ただ一応「僧」という名が付きますから、やむにやまれずそのような事をする人もいれば、生業のようにやっている者もいました。中には強姦なども平気でやる一派もいました。
あなたはその時あなたの師匠のような人と二人で修験僧をやっていました。
その時あなたの師匠は少しは力があったのですが、しかし覚醒などという概念はサラサラなく、ただ何か特別な力を得て少しでも生活を楽にしたいというくらいの感じで修験僧をやっています。

この頃の山は面白くていつかまたどこかで収録してみたいのですが、まだ正式な密教は入って来ていませんが、空海が求聞持法に出会っていたように山では公には入って来ていない(民間伝承のような)仏教が顕教、密教を問わずすでに混沌としてあったのです(「誰が地球に残るのか」空海の章参照)。
当時は末法思想という「終末期が来るよ」という噂といいますか、世の中にそういう風評が出回っていて、誰でも彼でも中途半端な出家のような真似をしています。
飢饉で食べられなくなったら出家、博打で負けて食いっぱぐれたら出家という「逃げて出家する」という不純な動機が結構普通にありました。

結局その生では二人ともそのまま亡くなっています。
そして今回の生であなたの師匠はチャンスが来るのを待っていたのです。
それは一種のセオリーなのですが、今の時代はやはり特殊な時代でこの時期には誰でも「なんちゃって開花」という現象が許されているといいますか、そういうことがたまにあるのです。

それでこの師匠もあの世からそういう恩恵にあずかろうとしています。
それでたまたまあなたにそのチャンスが巡って来たとき、師匠があなたのチャクラを開いています。
もちろん今のあなたの境涯でチャクラを開いたらどうなるかなどということは全く考えてもいませんし想像もできなかったようです。
結局開いた瞬間にあなたは至福に浸っていますが、そのまま慢心におぼれ、チャクラの開花は止まってしまい、さらに悪いことに中途半端に開いた霊道からは有象無象の魑魅魍魎があなたの中に入って来ています。

師匠は師匠で今回のあなたのチャクラの開花という恩恵の純粋なところだけ、そのエッセンスを享受し上の段階に行ってしまっています。
先ほども書きましたがあなたはその瞬間、肉体の要求(慢心)にダン!と囚われてしまい、とっととその境涯からは落ちてしまっています。
また師匠もあなたにアクセスできる状態ではなくなってしまったので手の施しようがなかったのです。

あなたの現状は大体こんな感じです。

このままではどうにもならなくて、頭の中に入れ代わり立ち代わり入ってくる魑魅魍魎に好きなようにされていくでしょう。
そして廃人になり、用無しになればやっと解放されますが、あなたの人生はすでに終わっているのです。

それではこれからあなたはどうしたら良いのでしょうか。

あなたはあなたの中で一人二役の紙芝居のようなことをやっています。
一人二役なのですが、そのもう一人の自分が獣であるということに気付けるでしょうか。

それに気づけば、

「助けて!」

と私を呼ぶこともできますが…どうでしょうか。
あなたの守護霊さんはほぼ手出しは出来なくて、先ほどのあなたの元師匠に丸投げしている状況です(この師匠が指導霊になっています)。
つまり師匠があなたのおこぼれにあずかろうとしたとき、またその師匠のおこぼれにあずかろうとしているのがあなたの集合魂(守護霊)なのです。

ですから無力といいますか頼りないといいますか…中々自力では現状を打破することは難しいのです。

だからこそあなたが自身で気付かねばならないのですが…

こういう段階でもチャクラが開いてしまう時があるのです
現在はそういう方が多くて、鬱や精神分裂という病名をつけられている形になっています。

「助けてほしい」という気持ち…少しでもあなたに「謙虚」という部分が残っているのなら、唯一それが救いの糸口になるかも知れません

このまま連絡が取れなくなってしまうと

その時はおそらくもう駄目でしょう

これが最後にならないように

がんばって下さい


虚空蔵55
(今回これを掲載したのは今皆さん方が大変な時期に差し掛かりつつあり、焦ったり、イラついたりしているそういう方たちへの警告の意味も含めてのことでした。よくお読みになって精神世界に一歩足を踏み込むことがどれほど危ういことか、よくよくの覚悟がなければ平凡な日常にあり続ける方が無難は無難なのです・そしてその「覚悟」とは平静さ(平常心)と自戒を生み出す「謙虚さ」、エゴを薄くしていく「肉体心からの離脱」です・これまでここでお教えしていたすべての事があなたを正常な覚醒に導いていくのです)

2016/12/9 No.3243

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読の大神、いつもありがとうございます。

 冬至まであと2週間ですね。カルマ解消がはかどってしょうがないです(諦め)。




 初めの人間a-1、e-1を作成以降、誕生した(受胎した?)小ダマは、総計何人でしょうか?そのうち、悟りの域に達した存在は何人でしょうか?
 UMUなりJUMUなり人類をデザインするにあたって、何人くらい生まれて何人くらい覚醒に達する、と計画しているでしょうし、統計も取っているのではないかと思い。

 9つの実験星で、少しずつ条件を変えて実験していると思うのですが、その条件の違い(特徴)はなんでしょうか?また、それにより、その星の覚醒率に差が出ていますか?

 それではよろしくお願いします。

ps.9つの実験星の詳細、第二巻を心待ちしています。

2016・12・7
海様

その質問の多くはおそらく「百万円の本」で語られる内容になるかも知れません。

でも一つだけお答えしておきましょう

私たちのオーム宇宙の大きさは宇宙全史では200兆光年の広がりを持つとしています

つまり簡易換算するとこの宇宙は200兆年前に始まっています
(これは私たちのために無理くり換算した数字になっていまして、宇宙の創世の初期段階にはインフレーション期間というのがあり、どうもこの間を通常の時間換算することが難しいため200兆という数字がとりあえず出ています)

そしてこの宇宙とは、オーム宇宙の64回目のサイクルをいいます

さてこの200兆年の間にこの宇宙の意識生命体は一体何体完全覚醒したでしょうか

私たち地球人はこの宇宙の屑です

私たち以外の生命体(宇宙人)はほぼすべて意識的には高い段階にあります
それを踏まえますと完全覚醒に達した魂は膨大な数になると思われます

しかし実際は最近話題になっているEO氏も含めて

僅か200体なのです


この驚愕の数字には

オーム宇宙を超えた大いなる謎が

秘されていたのです


虚空蔵55

maxmona

2016/12/9 No.3242

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神様
学ばせて頂いております。何時も感謝しております。

近況報告致します。最近では世界平和のお祈りを気がつけば、ひとりでに祈っているような感じです。

1日3回は欠かさず、電車に乗車中や歩いている時も、必ず欠かさずお祈りをさせて頂いております。
自分のエゴが出てきた時、心に不純なものを感じたり、思ったりするときには必ずお祈りをさせて頂いております。

そうすると自然に落ち着き怖いものが無いような感じになります。このような時、この世界平和のお祈りを知らなかったらと思うとゾッとします。

仕事的には今までやってきたことが、何やら好転していくような感じも受けますが、うまい話が来ているような感じでもあります。

仕事で人とお会いするときは、その前に必ずお祈りをさせて頂いてからお会いしています。
五井先生の書かれた本の中に書いてある守護霊様と守護神様は何時もあなたと一体になっているというお言葉が、私を非常に勇気づけています。
世界平和のお祈りさえ唱えられれば、他に何もいらない感じで過ごさせて頂いております。

また、宇宙全史や質疑応答など関係する本を読むたびに、多くの神霊や存在に感謝する気持ちが一段と高まってきて、本当に嬉しくありがたい気持ちで一杯になります。
まだまだ自分ではひよっこの感じです。日々研鑽致します。
ありがとうございました。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます。

2016・12・9

ネクサス

2016/12/9 No.3241

虚空蔵55様 ご回答ありがとうございました。
昨日の文章を書いているときにアッポーペンのことが頭に浮かんできて、
何故あのシンプルな動画が世界的に流行しているのかと考えていました。
一方的な妄想ですが、アップルを心臓として、ペンを槍に見立てると、
一人の人間が死んだことに世界中の人々が喜んでいる
という不気味な光景が浮かび上がってきます。
私の小説は、そういった形式の物語になっています。
その後にアメトークというテレビ番組を観ていると、一人の芸人さんが、
アイハブア僕、アイハブア死にましぇんというギャグをやっていました。
私が考えていたことに対して、返答が返ってきたように私は思い込むのです。
このようなシンクロニシティが秋頃から頻繁に起こるようになりました。
お笑い番組もニュースも漫画雑誌もこのBBSの他の方々の書き込みも、
私だけに理解できる裏のメッセージを送り続けていると感じました。
想像力が過敏になっているのか、思い込みかどうかは分かりませんが。

2016・12・9

ネクサス

2016/12/9 No.3240

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神様
いつもありがとうございます。

私にとってのやりたいことは小説を書くことでした。
小説家を志したのは23歳の頃で、
もっと若いときの漠然とした思いも含めるのなら、14歳の頃でした。
32歳で小説を書くことを諦めてしまった後は、
精神世界を探求するようになりました。

それが9月末の非公開情報を受け取った後に、急に生命の危機を感じて、
未完成だった不気味な小説を無理やりにでも書き始めました。
何故、不気味と表現したかと言いますと、
物語の中にたくさんの異物が混じり込んでいて、
これをどうにも対処できなかったからです。
今までに自分の書いた小説と何度も向き合おうとしましたが、
そのたびに、頭がショートしてしまって、
ワードを見るのも嫌という状況に陥ってしまっていたのです。

それでも東海地震を回避できるのならと思って、
決定的に変えなければと思って書き始めました。
私の小説は架空世界での物語なのですが、
神話や宗教史の設定が不充分だったことに気付いて、
あれこれ悩んで書いては、布団の中に潜り込んで考えているうちに、
今まで謎に包まれていた異物たちが本当は何であったかが、次々に解かれ始めました。
まるで解かれるその日をずっと待ち続けていたかのように。

こういった不思議な体験を目の当たりにして、私はほとんど泣きそうになりました。
私は物語オタクで、古今東西の文学、ミステリ、映画や漫画を熟知していましたが、
私の守護神霊たちは、私以上にストーリーテラーだったことに鳥肌が立ちました。

今は書きたいことはすべて書き尽くして、後は手直しをじっくりとやっていくだけなのですが、
私がまだ気付いていないミスなど、守護霊様から助言を頂けないでしょうか?

やりたいことが小説を書くということを貫き通すには、
プロの作家になるしか道はなく、ほんの一握りの才能と運のある人にしか作家にはなれません。
ですから、絶対に悔いは残せず、しくじりも許されません。
そしてまた私の努力は始めの1%だけで、あとは祈りの賜物だったようにも感じるのです。

ありがとうございました。

2016・12・7
ネクサス様

「守護霊様から助言を頂けないでしょうか」

●守護霊様からの伝言そのままお伝えしておきます

「物語の中に身を置いてその流れに身を任せて唯見るといい」


虚空蔵55

いくと

2016/12/7 No.3239

虚空蔵55様

ご回答ありがとうございます。

たしかに、そうですね。自分の焦点がまだまだぼやけてて、筋道をはっきり立てることが出来ていないようです…。しっかりしないといけないですね。

いつもありがとうございます。

2016・12・6
いくと様

答えられない質問ではないのですが、EO氏に関しましてはEO氏からの許可がないと勝手に解説することが出来ません。

解脱者という存在はそれなりに尊重される在り様なのです

ご承知下さい


虚空蔵55

ひろかね

2016/12/6 No.3238

2016・12・4
この掲示板にのることになったので書き込むことにする。ここを見ている人に考えてもらいたことがある。
たしかにこいつの言っているように今は地球の総決算の時である。
ここを見ている人は自分が残るかどうか心配していると思う。
五井先生の祈りがあれば地球には残ると思う。
だが覚醒に関しては五井先生でさえ死ぬ思いをして覚醒したはずだ。
こいつはお祈りすれば覚醒するようなことを書いているが五井先生の教えをゆがめている。
どれが正しいか自分で判断しなければ自分を生きてるとはいわない。
ここに書き込みしてない人でお前のエゴに気が付いている人もいるはずだ。
守護霊さんに関してはあんたの守護霊さんが私にあやまっていると思う。
月読さんが面白がっているのであんたのエゴをつぶそうと思う。

2016・12・4
追伸
もしそれが本当に私の守護霊さんならよんでくれれば私がガッツリ説教するのでそこんとこよろしく。

2016・12・5
さて虚空蔵さんの回答をチェックしてみるとする。
月読さんは無視するように指示し虚空蔵さんは面白いのであえて乗せたようだ。無視するというのは価値がないのとほぼ同じ意味である。
だが最後のほうではこういう人が表面に浮き上がって来るのはいいとは価値があるということである。
明らかに論理的に矛盾している。
守護霊さんに関してはチャクラを開いた時自分のハイヤーと話しただけでもしハイヤーとまた話せたらガッツリ怒ってやるだけだ。
この回答では私の書き込みにどこにまちがいがあるかまったくわからない。
正解は言わなくていいので間違った部分を指摘してほしい。
私としてはほぼ正しいと思っている。
守護霊さんに関しては虚空蔵さんが間違っているので訂正を要求する。
覚醒に関してはカルマを80パーセント取ると完全覚醒し90パーセント以上取ると神人になれるようだ。
虚空蔵さんもいい加減神様に依存するのをやめないと取り返しのつかないことになる。
神様はそんなに甘くはない。ついてこれない人間がどうなるか結果を見てからだと遅すぎる。

2016・12・5
11月30日からの書き込みは私がどうしたらチャクラを一日でも早く開くか考えた結論である。
これを見ている人はピエロみたいな人がなんか書いているなと思うだろうが私はぜんぜんきにならない。
神人はチャクラを開くまで隠しておきたいみたいだ。
もう一度書くが私はチャクラを開いたら神人になる人間である。もし私の書込みが間違っていたなら万死に値する罪なので今すぐ死ぬだろう。
虚空蔵さんに関しては確認してみたところ白光のお願いみたいだ。月読さんは人間を道具としか見ていず本当の味方は虚空蔵さんが過去、あなたが書いたように五井先生だけである。
今回隠れていたものを明るみに引っ張り出すことがどういう意味を持つかをもう少し考えてみるといい。

2016・12・5
ここに書けば書くほど新たな情報が入ってくるのでちょっと面白いので書くことにする。
今の宇宙のシステムはいったものが返ってくるだけでそれ以上でもそれ以下でもない。
神の愛と言われているものは意識の進化を望むもののみに適応される。間違った方向に進んでいるいる人間は助けたくても助けられないのが本当のところだ。
さて今回私が書いたことがもし間違っていたなら万死に値する内容なので神の愛があろうがなかろうが虚空蔵さんが許そうがどうしようが私はすぐ死ぬはずである。みんなにはそこのところをよく考えてほしい。

2016・12・5
ここは学びの場なのでどうしたら覚醒できるか簡単に説明しよう。
まづ上位意識とつながること。上位意識は歪みのない意識なのでため込んでいたカルマは居場所がなくなり表に出てくることになるのでそれを上位意識により修正をかけることにより結果全体が歪みがない状態に変わる。これをこの世的に翻訳するとチャクラが開いた状態になる。これがすなわち覚醒である。
説明はいたってシンプルであるがエゴで考えている限り永遠にわからないであろう。
この説明を何となく本当らしいと思える人は覚醒できる可能性があるので大ちゃんのところへ勉強しにいけばいい。

2016・12・6
今度は実存とは何かを説明しよう。
実存とは一言でいうと全肯定である。
全ての存在言い換えればいいと思うもの悪いと思うもののすべての存在を認めてそれがあっていいと本当に思えるようになると実存を見ることになる。
この宇宙は意識の高い存在が意識の低い存在を指導している。守護霊さんは必ず自分より意識が高くなければならない。
さて虚空蔵さんは私の守護霊さんが虚空蔵さんにあやまっていたと書いていたがそもそも実存を見ることができる私を指導できる守護霊さんがいるだろうかここのところをみんなにかんがえてほしい。

2016・12・6
今回虚空蔵さんがこれを公開してくれたのでちょうどいい暇つぶしになりちょっと楽しい。
月読さんが無視しておきなさいといったことを虚空蔵さんが理解できる言葉に言い換えるとあなたはエゴで動いているため答えると必ずボロがでるそこをつっこまれるのでやめておいたほうがいい。
月読さんではないので正確には言えないが大体こんな感じだ。
他にもっと大きな理由があるがあなたに関係ないのでそこは省くことにする。
今回は私の思いどおり事が運んでいるのでちょっと楽しい。
月読さんの言ったことに対しては後から問題にするのでそこんとこよろしく。



ひろかね様

前半動揺が見られます。
見損ないました。

「正解は言わなくていいので間違った部分を指摘してほしい」

●あなたが月読之大神と思っている相手は誰であるのかをよく見てみなさい。



「もし私の書込みが間違っていたなら万死に値する罪なので今すぐ死ぬだろう」

●誰もあなたが死のうが生きようが気にしていません。
だから心配しなくても大丈夫。



「神の愛があろうがなかろうが」

●神に愛などありません。
ただ人に愛があるのなら、神にも愛があるといえるのですが、果たして人に愛はあるのでしょうか。



「ここは学びの場なのでどうしたら覚醒できるか簡単に説明しよう」

●説明できるならどうしてあなたは覚醒しないのでしょうか。



「今度は実存とは何かを説明しよう。
実存とは一言でいうと全肯定である」

●私は今まだ実存をどうこういえる立場ではないのですが、それでもあえてニサルガに言葉を借りていうのなら

「実存」は全否定であるといいましょう



「そもそも実存を見ることができる私を…」

●「実存を見る」とは!…その実存はいかなる実存でしょうか


初めに書きましたが少しガッカリしています

方向性は間違っていても
もう少し頭がいいのかと思っていました

これでは皆さんの学びにはなりません

もうちょっと学びの種になるような文章を期待しています

がんばって下さい


虚空蔵55

いくと

2016/12/6 No.3237

No.3236を拝見して、これほどまでに突き抜けた方ではありませんが、ほんのちょっとだけ近しい事象を見たことがありますので、多少面白いというのは共感できるのですが、「女性だったら惚れていたかもしれないですね。」というところまで読んで、失礼ながら「流石だなあ」と感嘆させられました。

私が知っている方は、最初は「恐いなあ」と少し引いてしまっていたのですが、その人は無害ですし、むしろ普通よりも真剣に物事を考えていて、かつ自分の意見を忌憚なく仰ってくださるので、胸がすくような思いもしていました。

「天下の愛すべき人は、すべてこれ憐れむべきの人。天下の悪むべき人は、すべてこれ惜しむべきの人なり」という好きな文句があるのですが、そんな嬉しい連想を思い起こさせてくれる方でもありました。



さて、突然ですがEO氏について質問させてください。

彼の『廃墟のブッタ達』の「死と不死・無限苦の幽閉・そして超悟」で、永久に終わりの来ない幽閉状態にある存在のことが書かれてあります。この辺を読んでいて宇宙全史の陰始の存在が連想されました。

特に『宇宙全史別巻2』のp181の「ただ《滅びたい》は永遠の命題だろう」というところの前後の文章のところです。

EO氏は「彼らは無に還元されるべき因子」とも仰っていてやはり“インシ”というワードが引っかかりました。

「解脱という脱獄、すなわち規定違反を犯す者が、まさに存在の限界を超えて無になろうとする瞬間に、その者は幽閉された彼らの意識につかまる。消えもせず、生きもせずという極限の苦痛が発生する。」というところも、先の宇宙全史の話と符号しているように思えました。

EO氏が覚醒前に会ったこの存在は、陰始なのでしょうか?

そういえば、ブッタは魔と捉えていたり、ドン・ファンは陰始の存在に気づいていたということだったと思いますが、もしEO氏が会ったのが陰始だとしたら、EO氏の陰始との関わりが他の覚醒者よりも独特な様相ですので、それはそれで面白い気がいたします。

ご回答の程、どうぞよろしくお願いいたします。

2016・12・4
いくと様

EO氏に関しましては出来ればEO氏にお聞き下さい。

直接聞けなくても確か「鈴木」さんなる方が代理でおられるはずです。
(もうだいぶ前の事情ですから明確ではありませんが、鈴木氏はほぼEO氏に関することは答えられるはずです…が、まだそういう形があるかどうかは不明です)

質問の内容はEO氏の書籍をよく読みこめばお分かりになると思いますが…



虚空蔵55

ひろかね

2016/12/4 No.3236

2016・11・8
虚空蔵55さん

初めてこの掲示板に書き込みします.

月読さんにがっつり文句があります.

実は私は去年の12月にチャクラが1回開き約30分後に閉じ

閉じた後にハイヤーと話しを8時間ぐらいして、その後

五井先生と月読さんと挨拶しました.

計画があるようなので今まで待ちましたがこの日に覚醒するといった日をとうに過ぎています.

私のハイヤーもチャクラを閉じたのを謝っていましたし私自身モ実存を見なおかつカルマを100パーセントとったと思っています。

ところで私の要求は今すぐチャクラを開くこと、もしそれができなければその理由を私にはっきりと言葉でしらせること。

虚空蔵55さん私の言うことを無視してもいいですけど、私がチャクラ開いた後の対応がまったくちがいますのでよろしくおねがいします。


2016・11・10
虚空蔵55さん

わかっていないのでもう一度書き込む。月読さんはむこうでの約束を多分守っていない。私がチャクラを開いたらあやまって相応のことしてくれると思うが文句は言うつもりだ。問題は虚空蔵55さんだ。エコ゛が全然取れてない。面倒なので具体的なことは書かないが意識レベルは私よりだいぶ下だ。誰が真実を話しているか区別できていない。もう一度書く。私のチャクラを今すぐ明け。無視してもいいが相応の結果をみるだけだ。


2016・11・11
今は暇なのでもう少し書き込むことにする。
はっきり言って私は虚空蔵55さんにはあまり興味がない。
私の書き込みを虚空蔵55さんが無視したとしてもここに書くことにより事が早く進むためだ。
大本の計画によると2派にわかれ最初は悟った人が出てきて敵の大将を引っ張り出し後に出てくる神人でたたくことになっていたが、エサ役の虚空蔵55さんのレベルが低すぎてどうしてもチャクラが開かないので現在計画変更中である。
月読さんのやってることが気に入らないのでばらすことにした。
これで事が早く進むだろう。


2016・11・12
今回私がここへ書く意味がなんとなくわかってきた。
私は実は他人にそれほど興味がない。自分の自由が奪われたときお前何やってるんだというタイプである。
私の人生は他人に邪魔ばかりされてきたのでどんだけカルマが多いんだと思っていたがあとで確認したところ他人のカルマを背負い量は虚空蔵55さんのおよそ倍みたいだ。
私は大ちゃんの神様に頼まれて今現在大ちゃんを指導している。
はっきり言って虚空蔵55さんの意識レベルは大ちゃんより下だ。
意識レベルが低いままチャクラが開くはずがない。
エゴをチェックしないまま探求してもほとんど意味はなくエゴをチェックしないお祈りも同じ結果になる。
五井先生は真っ白で良い人なのでそういう愚かな人間にも手を差し出してくれる。
さてここからが本題だ。
今のままではチャクラが開かないので自分のエゴをチェックし意識レベルを上げなければならない。
虚空蔵55さんは真実の探求といつも言っているが別の言い方をすると誰が本当のことを言ってるか区別がつくともいえる。
さて今回の私の書き込みは本当のことを言っているかどうか今の虚空蔵55さんで区別がつくかどうかもう一度自分自身をチェックしてみるといい。


2016・11・14
私は神様からこれから先は何を言っても良いといわれているがチェックしてみるとチャクラが閉じた状態ではまだ因果応報のシステムの中にいることが確認出来る。いったものが返ってくるのは宇宙のシステムであるため異論はないが私の場合いったものがまだ全然かえってきてない。
私の場合100パーセントカルマを取りなおかつ実存を見る意識レベルであるためチャクラは開かなければいけないが今現在開いていない。これは全体をゆがめる行為である。
なので今スグ私のチャクラを開け。
開いた後は自分のことは自分でする。


2016・11・18
私は何日も前にすぐチャクラを開くかできない場合はその理由を説明するよう書いたはずだが未だその説明がない。虚空蔵55さんの役割は月読さんの取次役も含んでいるはずであるが今その役割を放棄している状態である。何もしない人間がどいう結果を見るかバカでない限りわかりそうであるが私としては理解に苦しむ。余談ではあるがみちよちゃんの集合魂が私をきっかけにして再編されたようである。確認してみるといい。もう一度言う。虚空蔵55さんの意識レベルは私よりだいぶ下で大ちゃんより下である。今虚空蔵55さんのやっていることは私の眼には神様の言うことを無視して自分のエゴで動いているようにしか見えない。先延ばしすればするほど虚空蔵55さんのカルマは増えるはずである。


2016・11・20
ここに書くのは多分これが最後だと思う。
これが虚空蔵さんにとっての最後の軌道修正のチャンスだ。まず五井先生に対しては完全に依存している。
五井先生は優しいのでバカでもちょんでも依存しようなにしようがが寄ってくる者をこばむことはしない。
五井先生の真意を今生きている人はだれも分かっていないと思う。わかりかけの人は少しずつふえてきてはいるが。
次のことは月読さんが私に虚空蔵さんに言ってほしい言葉だと思うので無駄だと思うが一応書いておく。
まずあなたの自分が生きている人間で一番というエゴを変えない限りこれから先一歩も前へ進まないだろう。
もう少ししたら変革が起こるがそれまでにあなたの役割は変わっているだろう。


2016・11・30
暇なのでまた書くことにする。
虚空蔵さんが全然わかっていないので少し書いておく。地球で人間がどのくらい生き残るかを決めるのは神人がどう動くかに左右される。
私は神人のトップでなおかつ地球霊界のトップである。チャクラを開いた時みわちゃんが探しに来たみたいだが隠したようだ。
月読さんが私にしていることはオーム宇宙の法則を無視している。上位体でないとできないのでなにをいまさらというかんじである。
虚空蔵さんはあほなので分かるように書くが私を無視するということは人がいっぱい死ぬということだ。
月読さんの考えていることはだいたいわかる。
アセンションは人間側の話なので実は月読さんはほとんど興味がない。
50パーセント以上で成功と言っていたのは過去の話で話はころっとかわっているはずだ。
月読さんに頭にくるので書くことにする。


2016・12・2
貴男の私に対する答えが聞こえてきたので書く。
バカ丸出しである。探求する意思がまったくない。
月読さんは貴男がディセンションしてもなんとも思わないはずだ。バカ言ってんじゃない祈りだけで覚醒できるのは五井先生だけだ。何故なら五井先生は祈りの意味を知ってるからだ。覚醒という言葉を安易に使うなこの馬鹿。あなたを見てるとエゴ丸出しなので見ててちょっと面白い。


2016・12・3
月読さんのたくらみがようやく解った。
虚空蔵さんはこのままいけばディセンションする。
私はどうしたら覚醒できるかを知っていて今は暇なので虚空蔵さんがおしえてほしいといったらおしえてもいい。書いていて解ったのだがあなたはわたしのことを多分無視するだろう。
あなたにとって月読さんから与えられた最後のチャンスだ。
しばらくすると私のチャクラは開くが私が怒っていないほうが都合がいいはずであるがそっちから見てどうなのだろう。


ひろかね様

月読之大神から「無視しておきなさい」といお達しがあり放置していましたが、私に苦しい現状が続いている中でいつも楽しませて頂いているので、月読之大神に許可を得て掲載することにしました。

実は毎回どんなメールが来るか楽しみでワクワクしています。

去年はhamiさんが楽しませてくれましたが、別な意味であなたのメールはとても面白く気分転換になっています(失礼かもしれませんが)。

あなたはどうやら男性なようですが、女性だったら惚れていたかもしれないですね。
私はヤッターマンに出て来るドロンジョさんが大好きなのですが、あなたはちょうどあんな感じでしょうか。

一つ一つのメールにここではお返事できませんが、これからも楽しいメールをお願いします。


ちなみにせっかくですからあなたの守護霊様に登場して頂きました。
下の玉串さんの守護霊さんたちとは異なり土下座まではいきませんが、そんな勢いで、

「すみません」

とあやまっておられます。
(かたじけないという思いが強いです・これは私が付き合うことに決めたからでしょうか)


月読之大神
「まあ付き合ってあげなさい」

「こういう人が表面に浮き上がってくるのはいい」

どうもあなたの守護霊団(集合魂)と何かしらの縁があるようです



虚空蔵55

玉串

2016/12/4 No.3235

【謝罪文】宇宙全史事務局様

 最近宇宙全史掲示板に投稿を寄せた玉串と申します一部非常にくだらない・情けない投稿が混じっていました。
 あまりにもレベルの低い非常に恥ずべき投稿だと感じ、恥入りました。株式会社まんだらけを統率する主の目に入る前に、どうか、どうか・・・ゴミ箱に廃棄して、消去してしまっていただくことはなりませんでしょうか。

 「あんな投稿をしているようでは滅びて当然」と我ながら納得できるくらい、クオリティの低いものでした。あまりにもダメすぎて恥ずかしく、陳謝しても陳謝しきれません。

 これで、宇宙全史の門をまたぐことはもうできない・これ以上は不可能である、と確信しました。

 最後のお願いとして、くだらない最近の投稿及び私という魂も廃棄の方向で、どうぞ宜しくお願い申し上げます。お手数をおかけして、大変申し訳ないと思います。

____________

 「どうせ自分なんかもうダメだ」

 「カスな魂なんだから、滅びたって何にも問題ない」

 「五井先生より不二一元論(アドヴァイタ)の方がいい」

 と思っていたので、世界平和のお祈りを完全にやめていました。

 しかし、あまりにもダメな投稿をして、完全に気が乱れていたことに気がつき「これはいけない。やっぱりお祈りをした方がいいかもしれない」と思い直して、柔らかいお祈りと世界平和のお祈りを唱えはじめました。

 昨日(2016/11/29・火)のことだったのですが、お昼に仕事をしている最中に、強烈な波動が自分のハートに届いて、その波動があまりにも強烈でビックリしたので、それだけを、書いておきたいです。

 強烈というのは、「雷が下るように叱る」という強烈さではなく、グッと包み込んでくる、抱きしめるような“絶対愛”としか呼びようがないものでした。その波動があまりにも強烈過ぎて、涙が溢れてきそうになって、それを抑え込むのに必死でした。
 
 「ヤバイ!あかんあかんあかんあかん!これ来たらあかんて!仕事中やって!涙ボロボロ流したら、上司に変やと思われてまう!!」

 涙がこみ上げるのを、もう必死で抑えていました。

 姿かたちが見えるという形ではなくて、ハートの奥にダイレクトに迫って来るという形で、こんな強烈な波動は、今の今までの人生で一度も経験したことがないものでした。

 この波動の性質を、自分が感じたままに列挙したいです。
 
 1.“絶対肯定” ひたすら包み込む。受け入れてくれる。

 2.「それ」は、みんな完全な魂だ。輝かしい仲間ばっかりだ。と信じ切っていて、そのことに全く疑いを持っていない。

 3.「それ」は「戻ってきてくれて、本当にありがとう。ただ、わたしはそれがうれしい」という感情の念波を送ってくるので、近づいただけで、涙が溢れそうになってしまう。

 4.とても「それ」をまともに受けることはできませんでした。まともに受けたら、路上で歩いていても泣き崩れてしまうほどの強烈さでした。

 5.「それ」はずっと長い間、自分があこがれていたものであったはずなのに、いざそれを前にしたら

 「ヤバイ!あかんあかんあかんあかん!これ来たらあかんて!」

 と抑え込むので必死になった、というのがそのときの率直な対応でした。
 「歓喜の法悦」ではなくて「ヤバイ!!」。「これ来たらアカン!!」でした。 
 まともに受けたら、本能的にもう自分が溶けてなくなってしまうような気がしたからです。

 
 「何なんだコレは?!!!!!」とただビックリするばかりでした。こんな強烈な波動は今まで感じたことがなかったものです。

 夜、家に帰って布団に入っていたら、またその波動がハートに迫ってきました。その波動は教えてくれました。

 6.「あなたが神さまに見放されたことなんか、ないんだよ」
 
 布団の中でボロボロ涙が止まりませんでした。ひたすら泣きました。


 7.「ラマナ・マハルシ、パパジ(H.W.L.Poonja)はとても素晴らしい人たちだね。あなたも、その仲間になろう。永遠に幸せになろう」と誘ってくるので、ますます涙が止まらなくなりました。

 今までの人生で、温かい交流や感動的な小説・ドラマで感じた幸せより、もっともっともっと深い、もっと心の奥に食い込んでくるものでした。なんと表現すればいいのか分かりません。ただ“愛”としか呼びようがなかったです。


 私は“五井先生”を拒否していました。虚空蔵55様が推薦していたからです。

 「虚空蔵55様が推薦する五井先生より、ラマナ・マハルシ、パパジ(H.W.L.Poonja)の方がいい!!」

 「虚空蔵55様が『私しか五井先生に取り次げる人はいません』って言ってたから、じゃあ私たちは“五井先生”という存在を知りえないんだから、「五井先生という存在をそもそも知らない」→「知らない人のお祈りなんか唱えることはできません」でいいんだ」

 「世界平和のお祈りしかないって言うけど、どうせクズ魂なんだからやらなくったって問題ない。もういい。滅び上等!!」

 と思っていました。


 しかしこの強烈な波動は何だったのか・・・ひょっとして・・・『五井先生』・・・・・?


 突然

 「さあ、ラマナ・マハルシ、パパジ(H.W.L.Poonja)と、五井先生の何が違うんですか?言ってみなさい」

 と問われて、言葉を返すことができませんでした。その強烈な波動を前にして、それは、全く同じものだというしかありませんでした。
 さらに強烈に包み込んでくる力が「それ」にはありました。



 「それ」にはイメージも声もなく、ただハートに届いてくる強烈な波動だけでしたので、霊的にそれが“五井先生“であったかどうかは、未知のままでいます。

 残念ながら私には霊能力がないですので、100%そう言い切ることはできないというのが正直なところです。

 単なる心神耗弱状態に陥っていただけだったかもしれません。(多分それはないと思います)

 世界平和のお祈りの時『五井先生ありがとうございます』と宛名はちゃんと付けてお祈りしたので、おそらくそんなはずはない・・・と思ってはおりますが、何らかのエセの存在、または、私のエゴが単に私を騙していただけ、という可能性もゼロとは言い切れません。

 霊の正確な読み取りができる虚空蔵55様から見て、実際の姿がそうであったとしたら「それ」を“五井先生”と読んだことは素直に取り下げます。(エセ存在であったとしたら、そのまま滅び行き、ですね・・・全くクズにふさわしい運命です)

 「神秘体験をした」といって自分を偉く見せたいがためにホラ話を騙っているのでは、決してないです。

 ただ“五井先生”でなかったとしても「それ」はものすごい強烈な波動を持っていました。“無限の愛“としか呼びようがない、すごい強烈な愛のかたまりでした。

 この深い波動に導かれるしか「神さまの永遠の幸せ」にたどり着けることはないのだろう、と観念しました。

 私はなぜ、柔らかいお祈りと世界平和のお祈りを唱えるか。

 それは、
 新しい世界で生き延びるため、というより、
 今回のアセンションで滅びないため、というより、



 毎日、心からの笑顔で、笑って過ごすため

 それだけのため

 ただ、それだけのために。



 そう言うと、またその「深い波動」が近づいてきて涙が出そうになったので、やめにします。


 「少しでも心に隙があったら、全部持って行かれる」ということを学びました。HDDにある数学物理の本も時空の数理への未練も消去しました。気がついたのは、その未練・心のゆるみから魔が差したのではないだろうか?ということでした。
 勉学はいたしません。宇宙全史2巻を読むのは、断念いたします。無学で通します。

 不二一元の道につながることだけに、“五井先生”だけに、絞り込まなければならない段階に来たのかもしれません。


 虚空蔵55様に対して不敬罪を犯したも同然ですので、今回、自らケジメを付けます。
 宇宙全史の門をくぐることは最後にいたします。かさねがさね、失礼なクオリティの低い投稿をしてしまったことはお詫び申し上げます。

 最後にものすごく貴重な学びを得たかもしれません。
 
 本当に、ありがとうございました。涙でお別れ申し上げます。

2016・11・29
⦅この方はこのメールの前に何通かメールを送ってきておられましたがご希望により掲載はしませんが、本来ここには書き込んだ限りはどんな内容でも掲載覚悟で送って来て下さい⦆

五井先生のお言葉をそのままお伝えしておきます

五井先生

「観念(思い込み)が強い人だね」

●(無限の愛というこの人が受けた愛をラマナと思おうがパパジと思おうが五井先生は全く気にしておられません・「いいんだよ」「よかったね」くらいの感じです)

「だからといって宇宙全史を全否定するというような極端に走ることもないだろう」

「門をくぐれないとかの自己憐憫の方に極端に走ることはやめた方がいいんじゃないかな」

「苦しくなっちゃうでしょ」

「自分を追い込むのは苦しくなっちゃうでしょ」



●あなたの守護霊様たちです(複数です)

「………」

黙って首(こうべ)を垂れておられるばかりです

しばらくしてこちらが色々話しかけたのですが、ずっとそうしたままです

月読之大神
「浅いところで極端に走ってしまうね」

「感性が若い(幼い)ので、これでも謙虚になったのだけど…もう少しね」



虚空蔵55
(大いなる愛を送って下さったのは五井先生でしたよ・他に誰がおられるのでしょうか)