宇宙全史

草丈

2019/12/30 No.3909

@2019・10・25
虚空蔵55様 みわ様 質疑応答を読ませていただき、いつもお世話になっております。


私事なのですが質問させて下さい。


今月3人目を自然妊娠したことが分かり1週間前に中絶手術をしました。


妊娠したことがわかった時は産もうと考えたのですが、家庭の事情もあり産んで育てるのは無理があると旦那と話し合い決めました。


一番の理由は2人目の子供が今年の4月に心臓の手術をして正常にまで良くなったのですが、2ヶ月前の検査からまた少しずつ悪くなっていて、このまま悪くなっていくと来年また手術になるかもしれませんと医師に言われました。


もしまた手術になるようだったら医師の指示に従うつもりです。


宇宙全史を読んでいるので「なぜこの子が病気でこんな目にあわなければならないのか」というような悲壮感や自分に何か問題でもあったのかというような罪悪感もありません。何か理由があっての「今」だと思うので自分に出来ることを頑張ろうと思います。


質問は中絶した3人目の子は自分と一緒に居るのか、それとも全然違う所に居るのか、それともまだ小さかったのでいわゆる魂がまだ入っていなかったのかが聞きたいです。


中絶したことを後悔はしていません。
自分自身いつ死んだとしても悔いもありません。
自分に出来ることを一所懸命に頑張りあとは世界平和の祈りを唱えます。


よろしくお願いいたします。


A2019・11・18
虚空蔵55様 みわ様 いつもありがとうございます。

中絶手術をして1ヶ月になり前回のメールで質問した答えを見つけました。


妊娠してすぐだといわゆる魂はまだ入っていない?という質問の答えがカルロス.カスタネダの「意識への回帰」p71、見る者は、意識は受胎の瞬間から生の過程によって強化され、豊かにされるのを見た。と書いてありました。


10年位前に宇宙全史を読みはじめ、その頃にドン.ファンシリーズの本も興味が湧き買ったのですが、読んでみると「なんだか恐い」と思ってずっと読んでいませんでした。
それが最近、質疑応答を読んでまた興味が湧き読みはじめました。

今は死に対してもあまり恐怖心がなくなりドン.ファンシリーズを読んでも面白いと思えるようになりました。


あと前回のメールで中絶したことに後悔はないと強気で書きましたが、産んで育てることが難しのは頭で分かってはいても、親の都合で子供を殺してしまって申し訳ないと落ち込み悲しくなり何回も涙が出てきました。


妊娠中につわりで好きな甘いものが気持ち悪く食べれなかった反動で甘いものを気持ち悪くなるほど食べたり、家族で遠出をして温泉に行ったり、歌を歌ったりして中絶のストレスを発散させようと1ヶ月過ごしました。



そして今日の朝、車を運転して対向車を避けようとしたらカーブミラーに車をこすってしまいました。

以前にも車の事故を起こしてこのBBSで守護霊様に「すぐ調子に乗る」と言われたことがあったので「私はまた調子に乗っていたのか」と落ち込み、さらに中絶して申し訳ないと子供に思い大泣きしました。


ストレス発散では根本的解決にはならず、世界平和の祈りはずっと唱えてはいたのですが精神的にもうボロボロになり「五井先生助けて下さい」と何回も唱えました。


その時に「五井先生は中絶した子供だって私のことだって絶対助けて下さるんだから絶対大丈夫」だと思えて涙もとまり気分も軽くなりました。



中絶した子供が今どこにいるのかは私には分かりませんが守護霊様、守護神様、五井先生が必ず導いて下さるんだから心配ないと思い、自分も自分なりに頑張って生きようと思います。


ありがとうございました。


草丈様

あなたへの答えはすべて宇宙全史のワークの中で書いておいたはずですが…一つはドン・ファンが答えてくれていますようなのでそれでいいですね。


虚空蔵55


タイタン

2019/12/30 No.3908

虚空蔵55様・みわ様

いつも学ばせていただき、ありがとうございます。
また、先日はご回答いただきありがとうございます。

「待つ」ということは、相手が身内であれば余計に難しいものがあります。
少しずつですが、自らを観照しつつ心して取り組んでいこうと思っています。


お教えいただきたいことがございます。

先日、認知症を発症してから10年以上世話をしてきた叔母が亡くなりました。

1ヶ月ほど前に骨折をしてから急に状態が悪くなりましたが、病院で治療することがないので、見取りのために施設に戻っていました。

息を引き取る前日の夜に、仕事帰りに寄りました。

その時、叔母を見ているとキラキラと白く輝く光が目の中に現れました。
叔母と一緒の時ではないのですが、以前にもそのような現象がありました。
しばらくすると消えたので、疲労がたまっているのかな位であまり気にはしていませんでした。

この間もしばらくすると消えたので、私が倒れてはいけないので疲れをとるために帰って休んだ方が良いと思い、あまり叔母についていてあげなくて帰ってしまいました。

翌朝、息を引き取ったとの連絡をもらいました。

それこそ大きなお世話かもしれませんが、叔母にもっとしてあげることがあったのではないかとの思いもあり、気になりました。

あの光は特に意味の無いものだったのでしょうか?


叔母が不自由な体から解放されて、無事に集合魂に帰れることを五井先生に祈ります。

よろしくお願いいたします。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます

2019.10.17

satsuki

2019/12/30 No.3907

@2019・10・13
虚空蔵55様、みわ様ありがとうございます。
ご回答を頂きましてありがとうございます。
私の住む関西方面は雨風の強さはありましたが、大きな乱れはなく無難に過ごさせて頂きました。
EO様の奥様からのお返事とのことでしたので、誠にありがとうございました。遺骨を受け取る方の姿勢が出来ておらず、お恥ずかしい限りです。
素直に感謝して身近におかせて頂きます。
今朝はいつものように中々仕事に行きたくない想いにクサクサしていました。
まだ小雨が若干降っていましたが、職場に着く寸前の、朝日も昇りきらぬ時間帯でしたがビルとビルの合間から虹を見ることが出来ました。
職場に入ってから写真を撮りました。
有難い光景でした。
人手不足の自分の持ち場ですが、想いかけず、他のフロアのリーダーたちがシフト調整に協力して下さり、助けて頂いております。ちょっと驚いております。
クサクサしている自分は消えてゆく姿。
世界人類が平和でありますように
みんなの天命が完うされますように
守護霊様 守護神様ありがとうございます
虚空蔵55様 みわ様ありがとうございます
EO様 月読みの大神様ありがとうございます
五井先生ありがとうございます


A2019・11・15
世界人類が平和でありますように

虚空蔵55様、みわ様いつもありがとうございます。

五井先生ありがとうございます

五井先生ありがとうございます

五井先生ありがとうございます

世界人類が平和でありますように


B2019・11・17
虚空蔵55様、みわ様いつもありがとうございます。

色々思い悩みますが、人生の根本、根っこのことは五井先生の中にしか見つかりません。

とにかく、とことん五井先生をお呼びして、根っこを太く強靭にしていきたい。
五井先生一心になりたい。
五井先生の仰る通りに素直に素直に行っていく。
そんな人になっていきたいです。

世界人類が平和でありますように


ツナ

2019/12/30 No.3906

虚空蔵55様、みわ様
いつもありがとうございます。

質問ではないのですが、投稿させて頂きます。
麦茶さまへのご回答の中で、みわ様には大変な負荷を引き受けて頂いていること。改めて、ありがとうございます。

前回の投稿が6月末でした。質疑応答13巻にも掲載して頂き、改めて今日読ませて頂いていたところです。環境や境遇の変化が、今年は流れが早いように思います。自分でも少し驚いています。今年も残す所あと数ヶ月ですがその間にもまだまだ変化の機会になるような予定が残されています。

お祈りと五井先生を思うと心が落ち着きます。
6月末に悩んでいた自分の繋がる先、やりたいこと、以前よりもはっきり、すっきりしてきました。
お任せする心構えの未熟さゆえですが、マイナス思考でぐるぐると自分の殻に閉じこもる癖をやめようと気をつけるようにし始めました。
以前よりも有難いと感じることが増え、感謝する心がどういったものなのかが鈍いなりにも少しずつ感じ取れるようになっている気がします。
今きている台風からも感じることですが、本当に自分人間一人に出来ることの無さ、生きていること自体が有難いこと、お任せするしかないこと、もっと身にしみるようにしたいです。

質疑応答13巻103ページの五井先生のお話
「私を信頼しなくても私は守るよ」
五井先生の優しさって凄いな..と思いました。ありがとうございます。

少しでもマシな自分になれるよう、自己満足に陥ることなく、進んでいきたいです。目の前の現実でやるべきことを地道にコツコツと、そしてお祈りも。

災害という命の危険に反応しての何とも情けないタイミングでありますが、取り留めのない投稿で失礼致しました。ありがとうございました。

2019・10・12
 

いくと

2019/12/30 No.3905

追記

誠に僭越ではございますが、五井先生と虚空蔵55様の巡り合わせといいますかご関係は、宇宙のダイナミズム、というよりも宇宙さえも超えたところからのダイナミズムという気さえいたします。

今月のご本のフラクタルのお話で「ゆらぎ」「カオス」ということが記載されてますが、このようなイレギュラー(?)な事態は、まさにこの辺とも関わりがあるように思えました。

(改めてp330を確認してみますと「宇宙を超えた領域を…」とありましたので、「やっぱりか」という感じです。無意識に覚えてた…?)

勝手なことを申し上げてしまい、大変失礼いたしました。でも看過するわけにもいかないところだと思われました。追記

誠に僭越ではございますが、五井先生と虚空蔵55様の巡り合わせといいますかご関係は、宇宙のダイナミズム、というよりも宇宙さえも超えたところからのダイナミズムという気さえいたします。

今月のご本のフラクタルのお話で「ゆらぎ」「カオス」ということが記載されてますが、このようなイレギュラー(?)な事態は、まさにこの辺とも関わりがあるように思えました。

(改めてp330を確認してみますと「宇宙を超えた領域を…」とありましたので、「やっぱりか」という感じです。無意識に覚えてた…?)

勝手なことを申し上げてしまい、大変失礼いたしました。でも看過するわけにもいかないところだと思われました。

2019・10・8

いくと

2019/12/30 No.3904

虚空蔵55様、みわ様

昨日『質疑応答14』が届き、途中まで拝読させていただきました。

その晩、頭(大脳?)から何か抜けました。
僕の固執、妄執、わだかまり、そのようなものだと思います。

いつも有難うございます。


ささいなことですが、今日はアパートの騒音問題が解決に近づきました。こういう日常から反省点はいくらでも見つかりそうです。

あまりにも幼稚な自分なので、やはりエゴを洗練させたいです。


振り返ってみますと、今年に入ってからの学びは一段と濃ゆい気がいたします。

問題に向き合わざるを得なくて悩んでいたときに、それを自身の中で昇華するための情報を得ることができ、そうこうしていたら同じ悩みを持つ人が出てきて、そのお陰で自分の中で問題を突き詰める助けになっております。

どこまでやれるか分かりませんが、自分の中でこの問題に向き合って折り合いをつけられたら、また天命とカルマをお聞きできればなと思っております。


思い返してみると、問題を先延ばしにしてきたので、半ば強制的に取り組まざるを得ない状況に導いていただいた感じがいたします。それは嫌なことというよりも有り難いことで、冷静に考えると恥ずかしい話でもあります。……精進できますように。

2019・10・8


佐藤武

2019/12/30 No.3903

守護神様は、今の私に対して声をかけていてくれた事を思い出しました。

あれは25才頃の事です。

私は、夢の中で、守護神様の前で、泣き伏していました。

目が覚めてから、【なぜ、泣き伏していたのかについて】ずっと不思議に思っていました。

泣き伏している私の思いは【身に覚えが無い事】でありました。

あの時の思いは、68歳になる今の私の思いでした。

その時に守護神様が私にかけてくれた言葉を書くと誤解を受けてしまうので書きません。

それは、ひじょうに厳しい言葉でした。ですから、今の私は受け入れる事が出来ません。

そこで、虚空像55さんへのお願いです。

私の守護神様に対して【今の私への言葉】を聞いてもらえないでしょうか。

よろしくお願いします。

2019・10・7

佐藤様

まずはその時の守護霊様の言葉を受け止めないと始まりません。


虚空蔵55


佐藤 武

2019/12/30 No.3902

虚空像55さん
私の増上慢
ごめんなさい
許して下さい
ありがとうございます
私たちの天命が全うされますように

2019・10・7

どっぺん

2019/12/15 No.3901

虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なご指導まことにありがとうございます。
特にこの度のスーザンさんのご投稿にtotoさんとのやり取りがあり論を展開しておられるとのことをお二人から教えていただき、それに虚空蔵55様のご指導が加わり、今後の発展に興味津々です。私も少年時代は数学少年でした。血が騒ぎます。
このことと関連して、本日は一つ質問をお許し下さい。
非公開情報の内容は、それを持っておられない方と宇宙全史に基づいて話をする時に、引用をすることは御許可いただけることでしょうか。またそれをブログやメールに文字として記載してもよろしいでしょうか。ご多忙の折恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
五井先生 月読之大神 守護霊 いつもありがとうございます。


2019・12・15

どっぺん様

「非公開情報の内容は、それを持っておられない方と宇宙全史に基づいて話をする時に、引用をすることは御許可いただけることでしょうか。またそれをブログやメールに文字として記載してもよろしいでしょうか」

●かまいません



虚空蔵55



虚空蔵55

2019/12/13 No.3900

難しいところなので、一寸補填しておきます。

「ある次元の図形をそれより低い次元において描く(認識する)ことは出来ない」

というのが原則です。
言い換えますと、

「今いる次元より低い次元(世界)は認識できるが、高い次元(世界)は認識で
きない」

ということになります。
しかし平面の紙上に車や立体的に見えるキャラクターを描くことは可能なわけで、
この場合は先ほども書いておきましたように「頭の中で変換をする」という作業
があるわけです。

ですから下で、

「ある次元を表現する(認識する)には、
その次元以上の次元において表現する(認識する)しかない」といえます。

と書いていましたが、ここは混乱しやすいところでしょう。
つまり、

@下位次元の構造物は上位次元で描くことはできる。
A上位次元の構造物は、下位次元では描くことはできない
Bしかし下位次元にあっても一定の条件があれば、その上位次元の構造物を描く
ことが出来る

このBが「人間が頭の中で画像(認識)変換をするというところです。
そして「認識変換」をするという構造には、

「人間の認識基準は棲息次元を超えてある」

という事実があるからです。
もう少し砕いていいますと、

「人間の本体は3次元より上にある」

だから人間は3次元近辺に生息していても、その世界を認識できるのです。