兎月書房誌上最も陰惨な物語「幽霊患者」、復刻。橋本将次/兎月書房/昭和36年頃刊行作品

水木プロでも活躍した実力派、橋本将次(=谷川きよし)。
好不調の波はあるものの様々な怪作・傑作を執筆。
そんな中でも最高傑作との呼び声高い兎月書房「幽霊患者」
(昭和36年頃作品)をまんだらけ出版が遂に復刻。

更に今回は黒須喜代治「死人切符」(兎月書房刊)に併載の、
こちらも怪奇怪作陰惨復讐劇「双頭蜘蛛吉」(ふたまくもきち)も同時収録!
A5判152頁、こだわりの紙質束幅約25㎜!紅い表紙に金襴輝く箔押しタイトル!

限定200部・ナンバリング入。
兎月有識者・関係各位がそれぞれの推し「兎月」を語る特典小冊子付き。

本体3,500円+税
Sold Out
お買い上げありがとうございました。

貸本復刻シリーズ第2弾は来年5月の第二回大まん祭に 向けて福田年兼作品をリストアップ。

*福田年兼先生の連絡先が現在のところ不明です。心当たりのある方はご一報 頂ければ幸いです。